上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAIENTAI DOJO ファン感謝デー『ブルーフィールドへ行こう!』
6月27日(土) 18:30~ 千葉BlueField


味方さんがTAKA代表と出張のためリングアナ不在。代役は何と欠場中の大石だった。
スーツに眼鏡と真面目そうだ。見かけだけでなく大石リングアナは生真面目一直線だ。
大役を仰せつかった緊張ぶりが微笑ましい。ファン感謝デーならではのサプライズか。
他には照明が故障につき白々とした蛍光灯下での興行となった。とんだサプライズだ。
予期せぬことで写真ブレブレ。惨敗惨敗また惨敗。 という訳で今回は画像少ないっす。

【第1試合】 16分16秒 デスバレーボム
火野裕士、○稲松三郎、旭志織 vs 房総ボーイ雷斗、●山縣優、ライアン・テイラー
 
DSC08746.jpg 
だから火野を前半に持ってくるなと。本人楽しそうだが怪物ぶりを遊ばせとくのはなあ。
大石が打つ開始ゴングのヘッポコな音にずっこける。気が緩んだので以下順不同雑感。
火野vs山縣。火野が「ババア」コールで観客を煽るが「ええっ・・・」そんな滅相もない。
山縣が旭にヘアホイップ。「死活問題だから」と止められる。旭の頭髪はまだ頑張ってる。
FUNAKI経由の留学選手ライアンは、コスが似てるせいか遠目だと円華に被って見える。
動きも良いし男前だが少し線が細いな。日本でちゃんこ食いまくってデカくなって欲しい。
「I can't speak Japanese」なライアンは旭に贈られたΩTシャツを喜んで着用
。 Ω入りかい。


【第2試合】 関根龍一 vs 牙騎鱗 シングル3番勝負各10分一本勝負(特別ルール)
※関根は1カウント、牙騎鱗は5カウントフォールで勝ちルール
〔1〕 ○関根龍一 vs ●PSYCHO (2分11秒 ウラカン・ラナ)
〔2〕 ●関根龍一 vs ○十嶋くにお (3分35秒 逆エビ固め)
〔3〕 ○関根龍一 vs ●柏大五郎 (5分58秒 龍蹴斗)
DSC08960.jpg 
本日開店の「関根ちゃんこ」にネチネチとイチャモンつける柏。要するにショバ代よこせと。
鉄平の許可は得てあると言い張る関根。マイクさんが出てきて1対3特別ルールに変更。
〔1〕丸め込みの応酬でおおっ。PSYCHO巧いよなあ。他に良いポジションがないものか。
〔2〕十島はこういう時だけイキイキ。PSYCHOが負けて十島が勝つのは納得いかんぞ。
〔3〕ちゃんこの売り上げが掛かってるからか粘る関根。ユルキャラだがヤルときはやる子。


【intermission】
大石リングアナの大会宣伝にずっこける。ソフトな語り口で至って丁寧且つ素敵な棒読み。
「明日は火野裕二自主興行第二弾、ファッキングパーティーセカンド、集まれこのボケどもが
・・・を開催します。皆様是非お越し下さい」・・・これが萌えというものか。ニヤニヤが止まらん。

旭がカード発表。火野vs関根は特別ルールによる3本勝負。火野はパワーボム3回出来ると。
バンビ様が「網タイツの使用目的が気になり夜も眠れない」との事で関根は網タイツを賭ける。
関根「ボクが勝ったらΩを下さい」ドンになりたい関根に旭がアッサリ「いいよ」相手火野だし。
DSC09131.jpg 
客席から希望者を募っての牙騎鱗によるヒップレスリング。参加賞は十島作バルーンアート。
ご注文に応えるのに手間取る良いひと十島「暫しご歓談下さい」あんたは宴会の司会者か。
 

【第3試合 】 14分50秒 スパイダークラッチ
真霜拳號、○梶ヤマト vs 滝澤大志、●ランディ拓也

DSC09164.jpg 
リングイン時に大石リングアナを不思議そうに凝視する真霜。 デコの傷が癒えたようで何より。
若手筆頭滝澤は真霜に力一杯逆水平連打。受けて立つ真霜。蹴りで終わらすのは残念。
ランディは真霜にスリーパーで肉薄。真霜超えを目指す若手達は熱い。梶はマイペースだな。
滝澤が梶の得意技を真似するが、距離近すぎ&モッサリと怖ろしくヘッポコで大笑いした。


【第4試合】 UWA世界ミドル級選手権試合
13分32秒 フィッシャーマンバスター(storm防衛)
○Quiet storm vs ●ヒロ・トウナイ
DSC09372.jpg 
メインのコールで漸く腹の底から声が出るようになった大石。どことなくカロリーナさん風。
この試合、ストームだと大味になるような気がしたが
、意外やじっくりした攻防が見られた。
トウナイは徹底してストームの右腕狙い。 渋いぞ。腕を押さえながらトウナイを捌くストーム。
最後に頼りになるのはやはり持ち前のパワー。小技に逃げず自分の色で勝ったのが良い。
ストームはいい奴なんだが、居たり居なかったりな点でチャンプとして感情移入しにくいな。
DSC09410.jpg 
雷斗が登場。トウナイの健闘を称え、改めてストームに挑戦表明。涙を堪えている・・・。
「体調も気力も落ちている今の自分では挑戦者として相応しくないかもしれないけれど、
もう一度熱い気持ちで闘いたい」普通の内容ながら、ひどく思いつめた様子が気になった。
愛と平和と正義のヒーローも疲れちゃうんだな。 深読みも何だけど・・・あまり無理するな。

【after】
ファン感ながらタイトルマッチありの全4試合と、通常興行と変わらぬサービスぶりに満足。
(Ω興行などがあるから企画としてファン感を特化させるのは難しいかもね)
「遊」の
部分を大石が請け負ってくれてたし。とはいえ本人至って真面目なんだが。
送り出しの時「照明の故障・不慣れなアナウンスをお詫び申し上げます」と最後まで誠実。
「やっと慣れてきました。・・・でも、もうありません」大石リングアナ、お疲れさま。
DSC09317.jpg 

KAIENTAI DOJO 『CLUB-K SUPER take』  6月9日(火)18:30~ 後楽園ホール

久々のK後楽園。全体通して面白かったし、
後楽園大会は今後も続けて欲しいなあ。
若手達がホームBlueFieldでのKイズム溢れる試合クオリティを維持しつつ、
後楽園のような会場の規格に合った「大きな試合」が出来るようになればと願う。
先輩達はそうして成長してきた筈。Kの子なら可能だと思うがどうだろうか?
以下、簡単すぎるほど簡単な雑感。

【第1試合】 4分36秒 バックドロップ
○十嶋くにお、藤澤忠伸、関根龍一 vs ●房総ボーイ雷斗、H.C.K狐次郎、山縣優



【第2試合】 12分20秒 パワーボム
○火野裕士、稲松三郎、バンビ vs 滝澤大志、●ランディ拓也、ヒロ・トウナイ
DSC06402.jpg DSC06477.jpg DSC06495.jpg DSC06601.jpg
DSC06547.jpg DSC06649.jpg DSC06677.jpg DSC06703.jpg 
声を大にして言いたいのは、火野をここで使っちゃイカンだろう。もったいない。


【第3試合】 KAIENTAI DOJO認定WEWハードコアタッグ選手権3WAYマッチ
15分06秒 ゾンビキング(第24代王者組バラモン兄弟初防衛)
○バラモンシュウ、バラモンケイ
vs JOE、Quiet stormt
vs 柏大五郎、●PSYCHO

DSC06743.jpg DSC06820.jpg DSC06916.jpg DSC06928.jpg 
恐怖のブツも無く綺麗なバラモンで良かったなあ。未だシュウとケイの見分けが付かないが。


【第4試合】 19分30秒 ダイビングエルボードロップ
YOSHIYA、○GENTARO vs ●旭志織、谷嵜なおき
DSC07108.jpg DSC07120.jpg DSC07125.jpg DSC07134.jpg
DSC07162.jpg DSC07263.jpg DSC07270.jpg DSC07332.jpg
DSC07349.jpg DSC07368.jpg DSC07402.jpg DSC07479.jpg
GENTAROの大人の色気にクラクラ。頼もしい相棒を得たYOSHIYAもパワーを如何なく発揮。
谷嵜(大石の代打)は切り込み隊長としてキッチリ仕事。旭は・・・うん、よく頑張ったと思う。
でもゲンヨシに掛かるとΩの司令塔も「Come on Young Boy!」扱いだ。新鮮で良いぞ。


【第5試合】 22分18秒 正田落し
鈴木みのる、NOSAWA論外、○MAZADA vs 真霜拳號、KAZMA、●梶ヤマト
DSC07543.jpg DSC07549_20090613044200.jpg DSC07604.jpg DSC07674.jpg 
DSC07745.jpg DSC07752.jpg DSC07871.jpg DSC07883_20090613044419.jpg 
DSC07914.jpg DSC07965.jpg DSC07968.jpg DSC08002.jpg 
真霜が鉢巻? 2日前の試合で額パックリ、9針縫合なための包帯姿。何か色気が足りない。
当然リング内外でそこを攻撃され真霜ヘロヘロ。身を挺してみのるを阻止した手島氏素敵だ。
かっこよかったのはMAZADA。やはり東京愚連隊(notGRENTAI)は凄い。何処でも光る。


【第6試合】 CHAMPION OF STRONGEST-K選手権試合
22分52秒 みちのくドライバーⅡ(第8代王者TAKAみちのく2度目の防衛)
○TAKAみちのく vs ●ザ・グレート・サスケ

DSC08010.jpg DSC08028.jpg DSC08262.jpg DSC08456.jpg 
この試合は多分、みちのくプロレスでのTAKAとサスケの軌跡を知っていれば二重丸かも。
気になっていたテッド田辺氏(みちのくTシャツ着用)は、諸事情を超えてのレフェリングか。
残念ながらTAKAとサスケが作り出した世界に入り込めなかった。まだまだ観方が未熟だ。


【オマケ画像】 半月版の手術を終えた大石。リング上で7月3日復帰を発表。良かったなあ。
DSC07050.jpg DSC07100_20090613055343.jpg

KAIENTAI DOJO CLUB-K SUPER evolution7
4月12日(日) 13:00~ 千葉ポートアリーナ・サブアリーナ


【メインイベント】 38分28秒 みちのくドライバーⅡ
●真霜拳號 vs ○TAKAみちのく ※真霜防衛ならず→TAKA第8代王者

健介オフィス道場マッチを見終え、吉川を後にし千葉へと移動。メインにさえ間に合えば・・・。
千葉駅からタクシーを飛ばし会場到着。丁度セミが終了間際であった。ホッ(他の選手スマン)

という訳でメインを入場からじっくりと観戦できた。お?TAKAのテーマがスペシャルバージョン。
スローから序々にアップテンポに変わる処が素敵だ。フード付きガウンもビッグマッチ仕様だ。
真霜は普段通り。両者コール時の紙テの量が凄い。ゴング鳴るまで互いに視線を交わさず。

序盤の緊迫感溢れる攻防。TAKAがジャストフェースロックを仕掛け、真霜がさせるかと外し。
手の内を知り尽くした選手同士の闘いは奥味がある。TAKAが首を攻め、真霜が足を攻め。
気がつけば20分経過。あっという間だが、残念ながらここで私の集中力が途切れてしまった。
惹き込まれる渋い展開ながら、起承転結の「結」部分で沸きが足りない。ガツンと欲しい処。

只、TAKAが歯でロープエスケープした時点で勝負あったと見た。TAKAに獲らせたいと思った。
ベルトに賭ける執念の凄まじさ、形振り構わぬ姿勢では確かにTAKAみちのくが上回っていた。
トレーニングで自分を追い込み真っ向勝負に耐えられる肉体と精神を培ったTAKAに拍手だ。
今回は真霜の完敗。真霜を愛してる私がTAKAばかり目で追っていたのだから間違いない。 

DSC08259.jpg DSC08268.jpg DSC08275.jpg DSC08289.jpg
DSC08323.jpg DSC08335.jpg DSC08350.jpg DSC08376.jpg
DSC08380.jpg DSC08384.jpg DSC08385.jpg DSC08407.jpg
DSC08416.jpg DSC08432.jpg DSC08460.jpg DSC08496.jpg 

さて、カード決定後から楽しみにしていたタイトルマッチを見て。TAKAvs真霜だから敢えて。
残念だが、2年前の試合は超えられなかった。KAIENTAI DOJO史上最高にはならなかった。
やはりどうしても後楽園での死闘と比較してしまう。今回は激闘止まりだったような気がする。
この2人なら燃え上がるような情念のぶつかり合いまで見せてもらわなくちゃ。と、身勝手書く。

最後に。
千葉ポートアリーナは嫌いだ。
アクセス悪い上に、体育館は照明や空調等の環境面でプロレス観戦に相応しくない。
地元開催にこだわるあまり、観客がリングに集中しきれない会場ってのは・・・。
諸事情あるだろうが、次は後楽園で是非!真霜政権の早期復活も是非是非!!

          DSC08258.jpg 

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。