上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地下プロレス『EXIT-13 ENERGY』 5月30日(土)17:45~ SHAKTI STUDIO

『ぐりふぉんの一番長い一日』 さんのブログで、詳細と美麗画像がお楽しみ戴けます。


堀切菖蒲園駅から徒歩約3分。非常にわかり易い場所ながら「この辺にスタジオが???」
下町風の食堂や町工場があったりと、生活の場といった感じの街並みに小じんまりしたビル。
夢路さんが試合コスで往来に立っている。看板は無い。駐車場で澤さんが着替えている。
ビルの裏にある工場前ではペドロさんとチームの皆さんが練習をしている。何とも不思議だ。
開場時間になると玄関で靴を脱ぎ狭い階段を上がる。会場の仕度が整うまで屋上で待機。
屋上から見下ろすと歩道に「正装姿」の澤さんが・・・。いやはや、何とも面白い体験である。
DSC06236.jpg DSC06240_20090530222519.jpg DSC06243.jpg DSC06247.jpg

【1st Stage】 小笠原和彦の空手型演舞
リング無し。敷かれているのはマットというより「薄べり」四方の隅にチェーンが置かれている。
観客は正座もしくは体育座り。進行役は普段の地下プロレスでお馴染みの松田リングアナ。
フラッシュ撮影禁止とのことで、暗い中での撮影は厳しい・・・。画像の出来は期待できない。
厳かに小笠原先生が登場。精神統一の後、美しく流れるような空手の型を披露。素敵だ。
DSC06249.jpg DSC06251.jpg DSC06255.jpg DSC06262_20090530232318.jpg

【2nd Stage】 ペドロ高石&カポエラチームによるパフォーマンス
一定のリズムを刻む心地良い曲に乗ってのカポエラ。ブラジル由来のダンスと格闘技の融合。
ブレイクダンスに通じるような、空手にも通じるような?ノリがよく軽妙で見ていて楽しい。
打撃は相手に当てないけれど、選手同士の距離が近くギリギリでスカす方が上級者と見た。
DSC06300_20090530234726.jpg DSC06306.jpg DSC06342.jpg DSC06349.jpg 

【3rd Stage】 紅斗闘志也のワイクルー/紅vs小笠原 エキシビジョンマッチ(3分間)
ムエタイの神聖な儀式。ワイクルーだけでも鑑賞に堪えうるパフォーマンス。様式美の世界だ。
僅か3分ながら、紅 vs 小笠原という「地下モノ」にはたまらないボーナストラックが見られた。
軽く流しつつもラスト30秒はアグレッシブに手数を出し合い見応え有り。 次はリングで是非。
DSC06355.jpg DSC06358.jpg DSC06387.jpg DSC06413.jpg

【4th Stage】 WUW(World Underground Wrestling)選手権試合  12分03秒
○澤宗紀 vs ●富豪2夢路 ※腕ひしぎ逆十字固めで澤防衛の後、3分間の延長

小笠原先生は出ずっぱりでメインのレフェリー。夢路が松田リングアナを呼び例のダンス。
澤が地下ベルトを巻いてきた。宿敵の夢路とのタイトルマッチが意外な場所で見られるとは。
「手が合う」とはこの2人を指す言葉か。ニヤリと笑いつつバッチバチ。頭突きの音にどよめく。

12分を突っ走り夢路のタップで完全決着も、納得の行かぬ夢路の意を汲み延長戦突入。
「何故だあ!」と苦笑する澤に「俺がルールだ!」と珍しくハイテンションな小笠原レフェリー。
一度巻かれたベルトを引っぺがされる澤だが、更に激しさを増しゴツゴツ遣り合う澤と夢路。

時間切れとなり、今度こそめでたく澤の防衛と相成った。いやあ・・・めちゃくちゃ面白かった。
出演者全員揃ってのフィナーレ。夢路の握手をスカす澤。「お先にどうぞ」と退場を促す澤。
客席に向かい深々とお辞儀をした夢路の背中にキックを落とす澤。最後まで面白すぎっ!
DSC06465.jpg DSC06503.jpg DSC06532.jpg DSC06554.jpg 
DSC06605.jpg DSC06652.jpg DSC06678.jpg DSC06683.jpg 

DSC06688.jpg DSC06691.jpg やっぱ、この2人の試合にはハズレがないわ。
 今回、プロレスはワンマッチだけだったけれど充分満足。澤選手&夢路選手ありがとう!

スポンサーサイト

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。