上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I・W・A・JAPANプロレス 『IWA旗揚げ15周年記念大会』
5月24日(日)18:00~ 新宿FACE


新参者なためIWAの歴史を知らぬまま「何となく面白そう」な匂いを嗅ぎ付け観戦。
チケット売れ行きが絶好調なのは、エレベーター待ちの長蛇の列で一目瞭然。
結局、客入れが完了するまで開始時間を30分遅らせることとなった。超満員。
※試合結果は
“BATTLENET管理人”ミカエル・コバタの気ままなブログ
を参考にさせて戴きました。ありがとうございます。

【第1試合】IWA世界ジュニア選手権時期挑戦者決定戦
●西山秀紘 vs ○末吉利哲 ※9分18秒  リバースタイガードライバー
リングアナがケロさんで「おおっ!」特別レフェリーがカブキさんで「おおっ!」 豪華だ。
だが選手の見分けはつかず。名物オバサンの口出しに気が散り試合に集中できんかった。
アレごと面白がる寛容さが無ければIジャは丸ごと楽しめないのかも。しかし煩かったな。
DSC03676.jpg DSC03544.jpg DSC03552.jpg DSC03562.jpg 

【第2試合】IWAレジェンドキャラクター大集合!
○ウルトラセブン、タイガー・ジェット・シンジュク(YOSHIYA)withMAYA
  vs 河童小僧、●ヘルアントマシン2号 with杏仁師範 ※11分59秒 卍固め

鞭を持ちドレスアップしたMAYA様と被り物の杏仁師範(共にセコンド)に大声援。
ウルトラセブンは
NWS(2006/5/20)で見て以来だ(まだ現役だったとは・・・)
タイガー・ジェット・シンジュクがリングインするやマスクを取ると中の人はYOSHIYA。
K-DOJOでのYOSHIYAしか知らないから驚いた。山下義也か・・・人に歴史ありだな。
「河童がんばれ~」チビッ子の声援を「言ってるのは誰?ダメよ!」阻止するMAYA様。
声援を受けられなくなった河童は「ヒ~ヒ~」鳴きながら頑張るも注目はヘルアントマシン。
ウルトラセブンとヘルアントマシンの緩やかな攻防がツボにはまった。ユルユルで面白い。
特別レフェリーのチョコボール向井がMAYA様に「お仕置き」で花を添え楽しい試合だった。
DSC03605.jpg DSC03614_20090527010307.jpg DSC03679.jpg DSC03652.jpg

【第3試合】13年振りシングル対決
●市来貴代子 vs ○さくらえみ ※7分17秒 ドロップキック
DSC03704.jpg 
昨年流れた対決が奇しくもIWA記念大会で実現となった。
入場してからリング中央に背を向け青コーナーを見つめるさくら。市来入場後もそのまま。
さくらは握手を求める市来に視線を合わせようとせずレフェリーの促しで市来の手をパチン。
ゴングと同時に奇襲するさくら。怯えからの攻撃のような。怖い先輩と気弱な後輩の図式。
市来の逆襲。容赦なく顔面を蹴り、踏みつけ、さくらをいたぶる。会場「元川~!」の声援。
「やっちまえ!」の声に意を決し「元川恵美」が「さくらえみ」となり待望の市来越えを果たす。
怖モードの市来が一転、さくらを祝福。会場の後押しによる一体感もあり熱いドラマだった。
DSC03729.jpg DSC03750_20090527012408.jpg DSC03769_20090527012408.jpg DSC03825.jpg

【第4試合】IWA浅野ジャパンvsUMA軍団最終決戦(特別立会人・山口敏太郎)
維新力、●浅野起州、ジェイソン・ザ・テリブル
       vs ビックフット、雪男、○ハルミヤコ  ※4分32秒 踏みつけ式体固め

売店で不貞腐れた態度の女性に睨まれ「怖っ」それがハルミヤコだった(顔知らなかったし)
「そういうキャラ」なのか。だが第一印象で本能が敵と見なしてしまい、嫌な気分で試合見る。
ゴングと同時に着ぐるみやら不思議キャラが四方で場外乱闘となり、シッチャカメッチャカ。
一旦袖に消え戻ったジェイソンの体型がデカくなり、入れ替わった中身はターザン後藤だ。
どうやら浅野と複雑な遺恨があるらしく、和解と見せかけ浅野を裏切り敵軍に寝返る後藤。
後藤がヘッドバットで浅野にダメージを与えたところを徐にハルミヤコが踏みつけ3カウント。
上機嫌でマイクを取る後藤、浅野を嘲笑したついでに例のオバサンへ向け悪態をつく。
「おい、ここだけの話・・・クソババア!はっはっは!」後藤さん、ありがとう。気分良いぞ。
DSC03859.jpg DSC03877.jpg DSC03892.jpg DSC03901.jpg 

【第5試合】IWA名物男女混合ミックストタッグマッチ
○ジャガー横田、矢野哲太 vs ミス・モンゴル、●神威  ※13分43秒 卍固め

ジャガーを生で見るのは初めてだ。特に何する訳でもなく受けるだけだが風格で一人勝ち。
ミス・モンゴルと神威は好連携だ。矢野は何故ここに入ったのか謎。使い処が難しいなあ。
DSC03929.jpg DSC03960.jpg DSC03977.jpg DSC04002.jpg 

【第6試合】IWAジュニア・ベストマッチ
●ザ・グレート・タケル vs ○アジアン・クーガー  ※15分56秒 クーガーロック2号

賑やかでバラエティに富んだカードが続き、セミはシングルをじっくりと緩急ある粋な見せ方。
初見のタケルは思い切りよくビュンビュン飛ぶ。たまには空中戦も良いな。単純に面白い。
何かクーガーは体型が岸和田兄さんに被ってきた。 ノンタイトルながらクーガーの圧勝。
DSC04090.jpg DSC04113.jpg DSC04164.jpg DSC04262_20090527023634.jpg 

【第7試合】旗揚げ15周年記念特別試合~IWAの現在、過去、そして未来~
○松田慶三、TAJIRI、小部卓真
     vs ブラックバファロー、シャドウWX、●三宅綾 ※15分27秒 ラリアット
                       (特別立会人・スティーブ・ウィリアムス)
DSC04333.jpg DSC04336.jpg  先ずは特別立会人が登場し、ご挨拶。

新参者でも、さすがに殺人医師S・ウィリアムスのことは知ってる。お元気そうで何よりだ。
入場一番手は
★ブログ~本音でよろしいですか?★が話題な旬の人、三宅綾。
実は彼のブログを読み今回観戦する気になった次第で、肉体の仕上がりに期待が高まる。
三宅が姿を現した時の会場のどよめき。おおっ、体パンパン!見事だ!すげえ~~~!
人柄に惹かれた三宅だが、私が愛してやまないガチムチ体型なことで一気に惚れ込む。
という訳で、惚れ惚れとする三宅のカラダを見られただけでもメインは充分な満足感だ。
試合自体も場外乱闘で観客を喜ばせ、厳しい先輩達が若手の小部の奮闘を引き出し、
最後は三宅の流血にTAJIRIのミスト等々・・・サービス精神旺盛な15分弱。面白かった!
DSC04345_20090527035342.jpg DSC04377_20090527035343.jpg DSC04412.jpg DSC04449.jpg
DSC04508_20090527035343.jpg DSC04581.jpg DSC04591.jpg DSC04664.jpg
DSC04689.jpg DSC04723_20090527035534.jpg DSC04732.jpg DSC04750_20090527035716.jpg

スポンサーサイト

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。