上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健介オフィス・ホームタウンマッチ
4月12日(日) 13:00~ 吉川市健介オフィス道場


【第1試合】 13分08秒 ファイヤーなまずプレス
○なまずマン、なまずマン vs ●CHANGO、フェリスト
初見の選手は「どんな子だろ?」と気になり楽しみでもあるんだが、フェリスト・・・ああねえ。
この寂しげな体つきは、なまずで見てるかもしれないな。あまりお出来にならないなまずで。

CHANGOとなまずがチャチャッとやって川畑レフェリーへの攻撃ポーズで頭叩かれたり、
なまずの入れ代わりを見過ごす川畑レフェリーにCHANGOが「気付けよ!」と突っ込んだり。
適度にユルく適度に動き、ぬるま湯で寛ぐようだった。この手の試合は7分でいいよ7分で。
まあ、CHANGOがやけに楽しそうだったから良しと。なまずにキャンディもらったから良しと。
だが場外でフェリストの首をロープで絞めるなまず。吉川のヒーローが悪い事していいのか?
DSC07613.jpg DSC07617.jpg DSC07629.jpg DSC07642.jpg
DSC07661.jpg DSC07681.jpg DSC07708.jpg DSC07791_20090414224254.jpg
 
【第2試合】 12分12秒 ジャックハマー
○起田高志、宮原健斗 vs 豪、●山田真弘
豪は何ゆえ顔が隠れるような髪型にしたんだか。お客さんに覚えてもらってナンボだろうに。
整ってはいるものの印象が薄い顔立ちなんだから、表情をしっかり見せなきゃダメ。髪切れ。

で、初見の山田(別名ヤマダマンポンド。闘龍門14期生~08.10.22 エルドラド・デビュー)
諸事情で未だ新人のようだが、なかなか堂々として宜しい。Tシャツの顔はシャレにならんが。
高志とガッチリ組み合っての真っ向勝負。いいねえ、これぞ道場マッチの醍醐味だ。清々しい。
高志は、フロッグスプラッシュからジャックハマーの勝ちパターンを今後も押していくと良かろう。
そして豪は健斗担当となる訳だが、健斗のヤラレ方はいまひとつピリッとしないなあと。
このポジションで満足してもらっちゃ困る。デビュー当時のギラギラした負けん気よ今一度。

最後は負けたものの印象を残した山田と豪へも温かい拍手(山田7:豪3くらいの気持ちで)
選手の意識がダイレクトに伝わる道場マッチ。お客の反応はとてもシンプルなだけに怖いよ。
DSC07816.jpg DSC07826.jpg DSC07842.jpg DSC07893.jpg
DSC07900.jpg DSC07917.jpg DSC07940.jpg DSC07944.jpg
DSC07964.jpg DSC07969.jpg DSC07995_20090415011455.jpg DSC08004.jpg
 
【第3試合】 10分49秒 ジャーマンスープレックスホールド
○中嶋勝彦 vs ●太田一平
間際まで「中嶋勝彦の対戦相手は調整中」とヤキモキ待たせておいて、え?一平かあ~。
拍子抜けというかガッカリというか、メインはあまり期待せずに見ようと。だがしかし・・・。
スマン、一平を侮っていた。団体はさて置き確かにメジャーの子だ。素地が、練習量が違う。

道場マッチで勝彦のスイッチが入ったのは久しぶりだ。思いっきりキツく一平を蹴っていく。
それは一平が当たり負けしないから。真っ向から受け止められるから。良い子じゃないかあ。
互いの熱による相乗効果だろうか、試合の中に流れがあり山場が出来で見る側も納得。
普段は薄笑いが浮かびがちなエアプレーン・スピンも一平の拘りが充分感じられた。
「回すぞー!」「回させるか!」意地の張り合い。そして最後は珍しく勝彦のジャーマンだ。
勝彦が道場マッチでフィニッシュに使うのは垂直落下式ブレーンバスターが定着しつつあった。
なので、めり込むようなジャーマンに「ほほお・・・」一平は歯応えある相手だったのだ。
終了後、握手を求めた勝彦の頬を一平が引っ叩く。善き哉。腐る事なく浮上しろよ、一平。
DSC08023.jpg DSC08015.jpg DSC08030.jpg DSC08035.jpg
DSC08058.jpg DSC08085.jpg DSC08106.jpg DSC08129.jpg
DSC08156_20090415030326.jpg DSC08159.jpg DSC08169.jpg DSC08177.jpg
DSC08204.jpg DSC08206.jpg DSC08218.jpg DSC08229.jpg

諦め半分の道場マッチだったが、お釣りがくるほど満足を得たお陰で勢いがつき、
KAIENTAI DOJOのメインを見るため千葉ポートアリーナへ急行する私であった。
つづく。
スポンサーサイト

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。