上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健介オフィス・ホームタウンマッチ
2月14日(土) 18:30~ 吉川市健介オフィス道場

【第1試合】 12分25秒 2階からのダイビングボディプレス
●なまずマン、なまずマン vs アントーニオ本多、○三和太
正直、DDTの選手には苦手なのが多い。アントン然り、フトシ然り。苦手がWで参戦・・・。
しかしフトシの肉は強烈だ。前後左右に肉。肉から目が離せない、怖いもの見たさか?
なまず2匹寝かせといて「ブーちゃんローラー!」ふん、ただデブが転がってるだけじゃん。
返す肉塊で「リバース!!」ぶわははっ!あ、吹きだしちまった。しかもちょっと可愛い。
何か悔しい気持ちにに陥りつつ、実はマクガイア兄弟(古)が好きだったりするからOKか。
結局フトシの肉に目が釘付けで、なまずはよく見てなかった。アントン?居ましたっけ?
DSC01312_20090216014421.jpg DSC01339.jpg DSC01345.jpg DSC01362.jpg

【第2試合】 15分44秒 腹固め
起田高志、●宮原健斗 vs ○原学、ベアー福田

前回参戦時は余裕で流してる風に見えた原だが、今回はキツイ当りによく付き合ってくれた。
健斗は最近ジャーマンがお気に入りのようだ。そういえば原もジャーマンの使い手だったな。
福田のボディスラムは相変わらず良い音。高志との意地の張合いは隠れ名物にしたいな

熱い気持ちの相乗効果か、4人がカッカして迫力ある攻防。自然に沸き起こる声援と拍手。
嗚呼、私の見たかったものがここにある!高志と健斗は後楽園のテンションを巧く持続した。
DSC01448.jpg DSC01504_20090216035254.jpg DSC01511_20090216035303.jpg DSC01613.jpg 
DSC01663_20090216035320.jpg DSC01728.jpg DSC01774.jpg DSC01780.jpg 
DSC01806.jpg DSC01808.jpg DSC01820.jpg DSC01865.jpg  

【第3試合】 11分41秒 垂直落下式ブレーンバスター
○中嶋勝彦 vs ●梶原慧(かじわら さとし)
初見の梶原、調べたら07年闘龍門自主興行ヤングドラゴン杯で山口竜志と対戦してると。
そして高校時代は丸藤のアマレス後輩にあたると。ふむ。で?キミは何しに来たのかな?
勝彦が良い処を引き出そうとしたが、梶原は微妙だったなあ。殆ど爪痕を残せずに終ったな。
知名度低くても遮二無二がんばれば温かい拍手が貰え、また呼んで貰えるのが道場マッチ。
単純だけど選手にとって割りと厳しい場だと思うよ。狭い会場だから身も心も逃げ場ないし。

で、試合がつまらなかったかと言うとこれがまた面白かったりする。不思議なものだ。
歯応えのない相手であろうと良い試合にしてしまう。勝彦の引き出しの多さに舌を巻いた。
蹴りを多用せず要所要所で重い1発を叩きこんだのが何より効果的で説得力あったなあ。
DSC01884_20090216044814.jpg DSC01898.jpg DSC01996.jpg DSC02006_20090216044845.jpg
DSC02041.jpg DSC02072_20090216044905.jpg DSC02076.jpg DSC02111.jpg
DSC02168_20090216044937.jpg DSC02174.jpg DSC02207.jpg DSC02228.jpg

【ベルトお披露目】
勝彦の戴冠ご挨拶後、GHCヘビー&ジュニアヘビー王者が揃い踏みの記念撮影タイム。
たっぷり時間をとり、リング四方を向き、全てのお客さんに見えるように嬉しいサービスだ。
DSC02281.jpg DSC02309_20090216024906.jpg DSC02337.jpg DSC02375.jpg
因みに顔力Tシャツで絶賛ブレイク中の高志は、このたび道場長に就任したとのこと。
締めを任されハキハキと・・・期待通りまた噛んだ!この子は何ておいしいキャラなんだろ。
健介にマイクを奪われ、いきなり振られた健斗が弁舌爽やかにこなしてくれた。度胸あるわ。
最後は全員で四方に向かって深々と礼。試合は熱く、終れば和やか。行って良かったなあ。
DSC02389.jpg DSC02398.jpg DSC02405.jpg DSC02414.jpg


2.11後楽園のような派手な試合もあれば、いつもの道場マッチでのゴツゴツした試合もある。
それぞれの会場に相応しい闘い方があると承知の上で改めて感じたこと。
観客がリングに集中でき、選手が声援に呼応するかのような熱い気持ちを見せてくれる。
そんな道場マッチを私は愛する。見失いそうになっていた青い鳥はこんな身近に居たのだ。

スポンサーサイト

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。