上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大日本プロレス 後楽園ホール大会 11月21日(金) 18:30 ~
DSC04830.jpg ※お断り※ 今回は画像に流血場面が含まれています。

【第1試合】 8分12秒 ローリングクラッチホールド
○大橋篤 vs ●岡林裕二
岡林が攻め続け余裕で大橋を追い込むも、最後で丸め込まれるというポカやり岡林呆然。
大橋の我慢勝ち。岡林は関本に似たデカくて良い身体、小さい大橋を舐めてかかったか。
DSC04839.jpg DSC04848.jpg DSC04850.jpg DSC04855.jpg

【第2試合】 10分19秒 スカルファッカーバスター
○MASADA vs ●木高イサミ(isami)
竹串が頭に刺さるよりもバラ線に突っ込むよりも、ラダーにぶつかる方が恐ろしく痛そう。
それは予想できる痛みだから。非日常的な痛みってどんなだろう・・・深く考えない事にしよう。
いやしかし、終始試合をコントロールしてたMASADAはかっこいいね。イサミは線が細いな。
DSC04877.jpg DSC04888.jpg DSC04899.jpg DSC04910_20081122223112.jpg

【第3試合】 11分34秒 腕サソリ固め
井上 勝正、○近藤 博之 vs 佐々木義人、●石川 晋也
義人の新しい職場拝見が今回大日を初観戦した目的のひとつなので、私的前半メイン。
井上と近藤の老獪なチーム若作りに対して、義人&石川がフレッシュコンビか。
元気よく走って入場する義人に、色々な思いが交錯して少々感傷的になってしまった。
義人は、このポジションから始めるんだなあ・・・。気張って実績を積んでいくしかないね。
井上は渋い職人風、近藤はトリッキーな動きでかなり巧い。でも何かイラッとする巧さだ。
石川が負けん気のある良い目をしていた。この子は将来、上に行くかもしれないね。
DSC04936.jpg DSC04972.jpg DSC04987.jpg DSC05004.jpg
 
【第4試合】 15分01秒 ミラクルエクスタシー
MEN'Sテイオー、怨霊、●佐藤悠己、忍
                   
vs ○大石真翔、旭志織、藤田峰雄、清水基嗣
明るく楽しいメンズワールド。デキる8人の目まぐるしい攻防を安心して見ていれば良い。
しかし、みんなよく動きよく飛ぶ。みねぴょんの髪が真っ金金で驚いた。大石、出世したな。
李日韓さんがカウント入れる際、腕の筋を傷めた様子で、やや微妙なカウント3となった。
それでもテーピングして後の試合もマット叩き続けた日韓さんは何て男前だろう。
DSC05072.jpg DSC05141.jpg DSC05229.jpg DSC05330.jpg
DSC05350.jpg DSC05355_20081123032528.jpg DSC05374_20081123032537.jpg DSC05396_20081123032547.jpg

【第5試合】 16分38秒 ドラゴンスプラッシュ
○伊東 竜二、石川修司 vs 星野勘九郎、●竹田誠志
勘九郎が長い事ことまり、椅子で思い切り叩かれるわ蹴られるわとかなり散々な目に。
でも、あんまり可哀想に思えないし。勘九郎ならいっか、てな感じで。丈夫そうだし・・・。
石川(修)は道場マッチで見たより優しめ。やたらに力を解放できないのが辛いところ。
伊東は、このポジションでいいのか?何となく存在感が稀薄でちょっと寂しい。
DSC05500_20081123032602.jpg DSC05548.jpg DSC05600.jpg DSC05651.jpg 

【セミファイナル】 15分15秒 ジャーマンスープレックスホールド
BJW認定タッグ選手権試合
 ○関本 大介、マンモス佐々木 vs 大黒坊弁慶、●谷口裕一
谷口の成長物語を前面に出したタイトルマッチ。大日ファンに愛されてる雰囲気の谷口。
全日で言ったら一頃の雷神?最後はヤラれちゃうけど、やられっぷりで支持されるみたいな。
そんな谷口を初めて見た私は、感情移入のフィルタがないため物足りない試合だった。
DSC05823.jpg DSC05895.jpg DSC05962.jpg DSC06014.jpg

【メインイベント】 17分51秒 ムーンサルトプレス
3WAY蛍光灯タッグデスマッチ~デスマッチ三醜死 30分1本勝負~
シャドウWX、●アブドーラ・小林
                vs 葛西純、“黒天使”沼澤邪鬼
                                          vs 佐々木貴、○宮本裕向
南側ロープに蛍光灯が設置され、更に選手が蛍光灯の束を持参。何かドキドキしてきたぞ。
もったいぶらず、いきなり蛍光灯に突っ込む。会場全体を使っての場外戦。こりゃ面白い!
腰引けながら喜ぶ観客。みんなスキモノ。私もスキモノ。何でかわからないけどハッピー♪
しかし、蛍光灯が破裂する音がこんなに爽快だとは知らなかった。耳に快感、目に刺激。

葛西&邪鬼。葛西が早々パールハーバー出してしまい勝ちに行く展開ではなかったものの、
箒を使ったお尻に厳しい攻めやら股間に厳しいハリーポッターで試合を引っ掻き回した。
アブ小&WX。WXはあまりインパクトなかった。一番カラダ張ってたアブ小にハート鷲掴み。
気持ちが昂り蛍光灯を手刀で2度「パーン!」エプロンで仁王立ちするアブ小・・・かっこいい!
一瞬のことながら会場全体の目を惹きつけ、大「コッバヤシ!」コール。これぞ男の花道。
殿&宮本。殿自ら活躍しつつ、宮本をサポート。宮本はデスマッチの申し子みたいだ。
宮本の思い切りの良さは清々しく、素直に応援したくなる。ムーンサルト美しかったなあ。

初めて本格的デスマッチを観戦して・・・こりゃやみつきになるのも納得だわ。面白いもん。
アイテムを使用し華々しく見せつつ、プロレスもしっかり。レスラーのスキルの高さに脱帽。
合う合わないは人それぞれだけど、何でも一度は見てみるもんだな。生理的苦手は別として。

DSC06029.jpg DSC06038.jpg DSC06049.jpg DSC06079.jpg
DSC06094_20081123113612.jpg DSC06105.jpg DSC06112.jpg DSC06116.jpg
DSC06146.jpg DSC06209.jpg DSC06240.jpg DSC06262.jpg
DSC06282.jpg DSC06293.jpg DSC06341.jpg DSC06363.jpg
DSC06369.jpg DSC06393.jpg DSC06420.jpg DSC06437.jpg

という訳で、大日本プロレス初観戦をして。
全7試合テンポよくコンパクトに纏めた処が好印象。もうちょっと見たいと思わせる事が肝心。
凄~く楽しかった&また行きたいね。…と、こうして深みにハマって行くのだよ。

スポンサーサイト

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。