上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008
09
14

9.14 『ROH in JAPAN 第6試合』雑感

『ROH in JAPAN '08』 9月14日 ディファ有明

【第6試合】
丸藤正道、△中嶋勝彦 vs KENTA、△飯伏幸太 ※30分 時間切れ引分け

正真正銘、ジュニアのトップレベル4選手によるドリームマッチ。
相手の裏の裏を突く攻防。先の読めない展開。とにかく4人の集中力が凄いの何の。
丸藤と飯伏の先発で空気がピーンと張り詰め、続くKENTAと勝彦で観る環境は整った。
あとは目の前で繰り広げられる闘いに身を委ねるだけ。面白いに決まっているから。
まるでジェットコースターに乗った気分。あっという間の30分。え?もうそんなに経つの?
画像で少しでも雰囲気が伝われば・・・。

DSC00988.jpg DSC00995.jpg DSC01000.jpg DSC01007.jpg
DSC01011.jpg DSC01042.jpg DSC01050.jpg DSC01075.jpg
DSC01081.jpg DSC01092.jpg DSC01106.jpg DSC01107.jpg
DSC01129.jpg DSC01135.jpg DSC01151.jpg DSC01162.jpg
DSC01181.jpg DSC01191.jpg DSC01196.jpg DSC01215.jpg
DSC01219.jpg DSC01228.jpg DSC01234.jpg DSC01237.jpg
DSC01246.jpg DSC01254.jpg DSC01261.jpg DSC01265.jpg
DSC01302.jpg DSC01315.jpg DSC01329.jpg DSC01341.jpg
DSC01377.jpg DSC01434.jpg DSC01465.jpg DSC01505.jpg
DSC01516.jpg DSC01557.jpg DSC01568.jpg DSC01605.jpg


△丸藤正道、中嶋勝彦 vs △KENTA、飯伏幸太 ※延長5分 時間切れ引分け

30分間で決着付かず、自然と沸き起こる延長コールに応えて5分間の延長。
延長前の闘いは最後を勝彦と飯伏に任せたけれど、延長は丸藤とKENTAで。
僅か5分ながら濃い攻防だった。会場から惜しみなく送られる賞賛の拍手。
一番最後に退場した勝彦の夢見るような表情が印象的だった。はあ~、満足満足。
 
DSC01628.jpg DSC01736.jpg DSC01752.jpg DSC01758.jpg


※第7試合の雑感は⇒ コチラ

スポンサーサイト

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。