上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスター雁之助自主興行 鬼神道4
新木場1stRING 8月16日(土) 12:30~

【第1試合】 4分58秒 横入り式エビ固め
○真琴 vs ●スパーク青木

真琴がパイプ椅子を持って入場。凶器?と思いきや、コーナーで腰掛け休憩。
スパークが抗議して試合開始。スパークが真琴をネチネチ触るセクハラモード。
会場から「変態!」の大合唱に「ああそうさ。どうせ俺は変態さっ!」開き直る。
真琴の反撃→姉崎レフェリー高速カウント→キックアウト→スパークセクハラ。
真琴が急所蹴りスパークを押さえ込む→高速カウント→真琴勝利!
スパークは1本芯がずれた爽やかさより、ニヤニヤ変態モードの方が味がある。
DSC06663.jpg DSC06666.jpg DSC06672.jpg DSC06685.jpg

【第2試合】 5分1秒 レフェリー暴行→反則勝ち
○ニセ大仁田 vs ●ターザン菊

大仁田もターザン後藤も、ご本人達の試合は見たことないけれど、
観客の反応からして似ているらしい。本家知らなくても充分おもしろかった。
菊(のマスク)が男前でちょっとドキドキ。入場からお笑いなしのヒールモード。
ニセを椅子で(ソフトに)叩きまくり、止めに入った手島レフェリーを突き飛ばし反則。
森谷さんは「これからまた、ニセ大仁田でやって行きます!」復活宣言。
DSC06701.jpg DSC06712.jpg DSC06732.jpg DSC06756.jpg

【第3試合】 8分59秒 チェーン絞首刑→レフェリーストップ
○ミスターポーゴ vs 二代目ポーゴ vs ●飛田ポーゴ
※この試合が始まる直前、ゲルマン民族の大移動よろしく女性と子供が外に避難。
3人共ペイントとコスがポーゴスタイル。因みに足元は、本家→ウエスタンブーツ、
二代目→アーミーブーツ、飛田→地下足袋。二代目が持参した袋に凶器色々。
本家が鎖鎌とノコギリで2人を流血に追い込み、2人まとめて絞首刑で貫禄勝ち。
ゴサクポーゴ「俺はタップしてない。負けたのは飛田。今度はポーゴ大王で来い!」
本家ポーゴ「俺様に勝とうとするのは百万光年早いんだよ!」決めセリフで退場。
1人残された飛田ポーゴは伸びたまま喋ったのが、よくわからないけど面白かった。
今回は場外乱闘少なめ、リング上で普通にプロレスしてて少々物足りなかった。
DSC06826.jpg DSC06831.jpg DSC06845.jpg DSC06867.jpg

【第4試合】 15分2秒 足決め首固め
●ヤス・ウラノ vs ○GENTARO
ヤスは入場から惑乱作戦。あちらこちらの客席に座り長々と和み、お客喜ぶ。
焦れたレフェリーが高速の場外カウント、ヤスはスルリとリング戻り試合開始。
ヤスお得意の「髪~!」で自分ペースへと試みるも、余裕でいなすGENTARO。
ヘッドロックでギリギリと締め上げられるヤス。反撃のチャンスを狙い丸め込み。
あわやの連続、切り替えしの攻防。最後は首への締め技がカッチリ極まり終了。
ヤス残念!GENTAROが1枚上手だった。笑顔で手を差し出すGENの腹へ膝蹴り。
ツバを吐きかけ退場するヤスに「あれでも可愛い後輩だもんな」余裕綽々のGEN。
DSC06901.jpg DSC06906.jpg DSC06934.jpg DSC06941.jpg

【第5試合】 14分18秒 タイガースープレックスホールド
○藤田峰雄 vs ●宮本裕向

ミスター雁之助が手塩に掛けて育てた愛弟子同士の初対決。どちらが強いか?
勢いがあり派手、若い時にしか出来ない試合。藤田の懐の深さに軍配が上がった。
みねぴょん応援だけど・・・鬼3(DVD)で見た浜田戦の方が好み・・・。
DSC06966.jpg DSC06968.jpg DSC06975.jpg DSC07046.jpg

【第6試合】 23分46秒 ファイアーサンダー
○ミスター雁之助、ヒロ斎藤 vs ディック東郷、●ゴエモン

夢の対決。試合巧者が勢揃い!・・・と言ってもゴエモン知らない(スマンです)
凄く久しぶりに見るヒロさん、凄く久しぶりに見たお陰でヒロさんの巧さに見惚れた。
ひとつひとつの技が利に適って、しかも美しい。動きに無駄がないから美しいのか。
先発はヒロ対東郷で魅了される。東郷さんはダイエットでかなり体を絞ってイメチェン。
ガチムチの東郷さんが好きなんだけど・・・スリムな方が身体に負担が少ないのかも。

ゴエモンが雁之助とヒロに代わる代わる攻め込まれ耐える時間。
細身ながら丈夫?結局、最後までゴエモンの良さがわからなかった(スマンです)
雁之助対東郷。雁之助の左足に照準を合わせる東郷。苦痛に顔を歪める雁之助。
先月傷めた足(肉離れ)が完治してない様子。攻撃されるたびに悲痛な叫び。

じっくりとした攻防あり、華やかなセントーン対決ありでベテランならではの試合。
雁之助が痛みに耐えながら向かって行った気迫が見られただけに・・・。
試合後のマイクで、コンディションの悪さを詫びて欲しくなかったのが本音。
リングで見せて貰ったものが全てだと思っているから。充分良い試合だったと。

9月21日、ドラディション後楽園大会に於いて、藤波辰爾vsミスター雁之助!
と、無理やりな展開でヒロさんが雁之助に押し切られ、上記カードが決定。
念願叶っての対決までに、雁之助の足(靱帯も傷めてしまった)が良くなりますよう。

フィナーレの注目は、ボッ○ング。いつもは選手に逃げられるお約束ながら、
今回は何て良い人ヒロさん&仲間に入れられたニード手島レフェリーと3人で。
観客も交えて「ボッ○ング!ボッ○ング!」で和やかに締め。
足を引き摺りながら退場する雁之助の背中と、BGMのHey Judeが印象的でした。
DSC07094.jpg DSC07136.jpg DSC07154.jpg DSC07169.jpg
DSC07191.jpg DSC07208.jpg DSC07227.jpg DSC07261.jpg
DSC07267.jpg DSC07307.jpg DSC07333.jpg DSC07371.jpg

スポンサーサイト

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。