上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※(1)からの続きです

【第6試合】 17分42秒 裸締め 健介、●竜志 vs ○みのる、ブッチャー
 
DSC09144.jpg DSC09149.jpg DSC09150.jpg DSC09151.jpg
DSC09153.jpg DSC09155.jpg DSC09170.jpg DSC09178.jpg
ここまでは新春に相応しい豪華対決でみんなニコニコ。
睨みあう健介とみのる。みのるをズイッと脇にどかしブッチャー対健介。
地獄突きと逆水平の応酬。
情け容赦なくチョップを打ち込む健介に観客「ブッチャー大丈夫か~!?」
後半、健介がブッチャーを投げる体勢に入ると観客「やめろ~」ご老体は労わらなくちゃ。
でもブッチャーがんばりました。かなりの稼働率で、みのるのサポートもバッチリでした。
さて、タッチ交代でみのる対竜志。ここから竜志の試練の時間が始まります。
DSC09200.jpg  DSC09205.jpg  DSC09217.jpg  DSC09234.jpg
DSC09243.jpg  DSC09245.jpg  DSC09251.jpg  DSC09260.jpg
DSC09322.jpg  DSC09343.jpg  DSC09346.jpg  DSC09348.jpg
DSC09358.jpg  DSC09360.jpg

締める極める。とにかく、しつこくしつこく竜志を攻め続けるみのる。
竜志は本当~に、何もさせて貰えませんでした。ただただ耐えるのみ。
蹴られ張られても奮起するどころか、心が折れないよう頑張るのが精一杯でした。
嗚呼、でもこの試合とてもおもしろかったです。面白いってのは語弊があるかな?
それでも心に響くおもしろさがありました。そこに真実があったから…。

後から写真を見返して、みのるの表情に惹き込まれました。凄く良い顔してる。
常にリングの中央で攻め続けていたのにも感心しました。
必然的に竜志もお客さんの視線の中に入りますよね。
う~ん、鈴木みのる、敵ながらあっぱれ。そして竜志を潰しにきてくれてありがとう。
カットに入るのを極力押さえ見守り続け、終わるや竜志を労わるように抱きしめる健介。
厳しさと優しさがとても素敵でした。人を育てる事は自分も成長する事でもありますね。
う~ん、良いもの見せて戴きました。竜志のサクセスストーリーは始まったばかりです。

【第7試合】 5分40秒 ジャーマンスープレックスホールド
ケア、●平井 vs ○諏訪魔、ゾディアック

【第8試合】 世界タッグ選手権試合 27分50秒 スパイラルボム
小島、●TARU vs 武藤、○ドーリング
DSC09475.jpg  DSC09491.jpg DSC09496.jpg  DSC09504.jpg

メイン終了後、お待ちかねの諏訪魔登場!
小島・TARUと手を切ってTシャツを破く諏訪魔は久々に爽快でかっこよかったです。
今後の処遇は今シリーズが終われば何らかのハッキリした答えが出るようです。
VMで一皮むけた諏訪魔。頑張った選手にはやっぱご褒美あげたいですよね。
という訳で全日新春興行はささやかながら軌道修正が見られ、なかなかの満足感。
ご祝儀代わりに3.1両国のチケットを買いましたから今年も宜しくね、全日さん。

スポンサーサイト

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。