上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健介オフィス・ホームタウンマッチ  11月1日(日) 13:00~ 健介オフィス道場

【第1試合】 ○なまずマン vs ●CHANGO (8分82秒 なまタニック)

DSC03120.jpg DSC03140.jpg 
※今回は本部席近く、マサさんのお膝元に座ったんだが、お元気そうで嬉しい限りだ。
お年を召しても洒落者で、ぶっとい指輪が似合うんだなあこれがまた…。あ、試合ね。
なまずと同じく、CHANGOも第1試合には欠かせない。すっかり道場マッチに定着したな。

恒例の観客に配るお菓子入り紙袋をなまずから奪うCHANGO。菓子目当ての子供号泣。
取り敢えずロックアップ。なまずとCHANGOで川畑レフェリーいじり、場内から温かい笑い。
怒った川畑さん「今から配れ!」試合を止めてお菓子を配るなまずに大喜びする子供たち。
その紙袋をCHANGOがなまずに被せ視界を奪い攻撃、なまずの反撃は川畑さんへ誤爆。
そんな感じで、アイテムを巧く使いながら観客をリラックスさせる楽しい試合となった。


【第2試合】 ●起田高志、臼田勝美 vs ○南野タケシ、卍丸 (15分50秒 イス攻撃)
DSC03170.jpg DSC03221.jpg DSC03233.jpg DSC03247_20091101223340.jpg
DSC03258.jpg DSC03271.jpg DSC03278.jpg DSC03296.jpg 
※南野が相変わらずグレっぱなし。オフの時は屋台で焼きそば作ってても違和感ゼロだな。
道場マッチ観戦は7月以来だが、知らぬ間に高志に女性ファンが激増していてたまげたぞ。
「キャー♪オッキー頑張って~!」お嬢さん方からオッキーと声援が上がるたび背中がムズムズ。
何かの冗談かと思ったが、高志はマジでオッキーなのか。人気が出て良かったなあオッキー。

南野と卍丸がレフェリーのブラインドを突いて巧妙な連携やら悪行三昧で観客のヒートを煽る。
耐える高志の反撃(ショルダータックルやWラリアット等)盛り上がるものの残念ながら単発。
道場マッチ初お目見え、期待の臼田は渋くて良いのだが途中で怒って帰っちまった。はあ?
高志と意思疎通が出来てなかったのか。それならそれで仲間割れするとか、もっと解かり易く。
よくわからんまま高志のローンバトル。南野がレフェリー引付けている間、卍丸が椅子攻撃。

「不甲斐無い試合をして申し訳ありません。次は信頼できるパートナー、出来れば健斗と!」
多分、11/17で高志&健斗が南野&卍丸にリベンジ。見ようによっては今回の臼田は捨石か?
大人の事情はさて置き、涙を滲ませ本気で悔しがる高志が印象的。良いレスラーになったな。


【第3試合】 中嶋勝彦、●宮原健斗 vs ○吉江豊、豪 (23分19秒 ダイビングボディプレス)
 DSC03318_20091102023440.jpg DSC03342.jpg DSC03376.jpg DSC03412.jpg
DSC03416.jpg DSC03430.jpg DSC03455.jpg DSC03462.jpg
DSC03486.jpg DSC03535.jpg DSC03565_20091102023539.jpg DSC03597.jpg
※体調を崩し入院していた健斗の復帰戦!…だが、どうしても注目は勝彦vs吉江となるわな。
健斗は追々調子を上げて行けば良い。アバラ浮いちゃうくらい練習のブランクありそうだったし。

で、真っ向からぶつかる勝彦。全て受止めた上で捻じ伏せる吉江。良いねえワクワクするねえ。
何たって吉江は重い。体重だけでなく存在感が重い。あの身体でカッチリとしたプロレスをする。
簡単には投げさせてくれない。だから勝彦が苦心の末バックドロップを決めたときは大歓声だ。
ふと、健介が曙を投げた試合を思い出した。今回同様負けたけど、あのときも盛り上がったなあ。
そんな訳で、前の試合のバッドエンドを払拭し満足。勝敗の外に客が見たいものってあるよね。

「佐々木さん、いつまでもそこ(2階定位置)に居ないで自分と試合して下さいよ」と吉江のマイク。
健介と対戦が叶うまで道場マッチに出続けるそうだ。若手の壁となってくれる吉江なら大歓迎だ。
でも来月辺りにやりそうだなあ。もう少し引っ張って、もし対戦が実現してもまた来て欲しいなあ。
スポンサーサイト

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。