上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAIENTAI DOJO
『千葉発見伝!温故千新 ~ファイト!ファイト!千葉!~'09』
8月9日(日)13:00~  千葉ポートアリーナ・サブアリーナ 


【第4試合】 22分13秒 スリーパーホールド→TKO ※レフェリーストップ 
●真霜拳號 vs ○鈴木みのる


DSC08395.jpg 

DSC08428.jpg 

DSC08438.jpg  

鈴木みのるは厄介なレスラーだ。
試合の質如何に係わらず対戦相手の「素」を剥き出しにする一種のリトマス紙だ。

今回の一騎打ちは物凄くおもしろいか全くの塩試合になるか、何れにしろ両極端と予想した。
だが予想を見事に裏切ってくれた。つまらない・・・それも中途半端につまらない内容となった。

真霜は戦闘中穏やかな笑顔を見せた。必然性のない飛びつき腕ひしぎを二度も出した。
みのるは二度とも受けた。やけに優しいみのる。真霜は「その程度」の相手だったのか。

真霜拳號のストイックさ、孤高の求道心。それらが幻のごとく感じる日がくるとは。
みのるにしたら痛くも痒くもない凡戦だが、真霜にとっては大きな損失である。

そしてファンが抱いた失意を真霜本人は気付いていない・・・。

スポンサーサイト

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。