上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健介オフィス Take The Chance vol.3 7月6日(月) 19:00~ 新宿FACE

【第1試合】 13分00秒 ジャックナイフ式エビ固め
○なまずマン、菊タロー vs ●CHANGO、梶原慧
小難しい事な~んも考えずゲラゲラ笑えて会場が適度に温まる。これはこれで凄いことだ。
DSC00593.jpg 

【第2試合】 16分28秒 卍丸乱入による反則勝ち
●南野タケシ、豪 vs ○石森太二、伊藤旭彦

注目はグレたタケシ(テキ屋ルックが似合い過ぎ)と石森(不気味マッチョ)の絡みだが…。
石森がバク転の体勢でロープ飛び越えるも回転足りずエプロン端に後頭部強打してドン引き。
目の前で伸びている石森の容態が気になり試合に集中できず。無事で良かった…。
DSC00849_20090831014202.jpg 

【第3試合】 12分55秒 蒼魔刀
●起田高志 vs ○HARASHIMA

高志はグラウンドが下手っぴだ。ペース配分無視で真っ向勝負しか出来ない無骨者だ。
だが高志には先輩レスラー達が何処かに置いてきてしまった熱さと真摯さがある。
終了後、嬉しそうに楽しそうに高志を見つめていたHARASIMAの表情が印象的だった。

DSC01310_20090831014202.jpg 

【第4試合】 キャプテンフォールイリミネーションマッチ 
中嶋勝彦、宮原健斗、沖本摩幸 vs 望月成晃、K-ness、スペル・シーサー 
①●沖本 vs ○シーサー 20分32秒 ヨシタニック
②●宮原 vs ○K-ness. 23分29秒 青き光
③○中嶋 vs ●シーサー 26分00秒 変形武輝固め
④○中嶋 vs ●望月 30分17秒 回転エビ固め
ゴチャゴチャッとして最後は1対3となり勝彦孤軍奮闘。袋叩きに合いフラフラの勝彦。
会場から「レフェリーちゃんと見ろよ!」の声。ヒジョーに昭和の香りがする試合だった。
DSC01783_20090831014202.jpg 
DSC02157.jpg 


※8月末現在※
道場マッチから一歩進んでの健介オフィス若手による「Take The Chance」だが、
残念ながら3回目にして早くも本来のテーマが揺らぎ始めたようで頭打ちの気配だ。

そして勝彦が望月とのタッグでドラゲー参戦、健介オフィス勢のSEM参戦復活。
などなど、状況は変化している。

若手達だけで興行を打つのは時期早々だったのかもしれない。
現実は厳しい。

スポンサーサイト

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。