上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAIENTAI DOJO ファン感謝デー『ブルーフィールドへ行こう!』
6月27日(土) 18:30~ 千葉BlueField


味方さんがTAKA代表と出張のためリングアナ不在。代役は何と欠場中の大石だった。
スーツに眼鏡と真面目そうだ。見かけだけでなく大石リングアナは生真面目一直線だ。
大役を仰せつかった緊張ぶりが微笑ましい。ファン感謝デーならではのサプライズか。
他には照明が故障につき白々とした蛍光灯下での興行となった。とんだサプライズだ。
予期せぬことで写真ブレブレ。惨敗惨敗また惨敗。 という訳で今回は画像少ないっす。

【第1試合】 16分16秒 デスバレーボム
火野裕士、○稲松三郎、旭志織 vs 房総ボーイ雷斗、●山縣優、ライアン・テイラー
 
DSC08746.jpg 
だから火野を前半に持ってくるなと。本人楽しそうだが怪物ぶりを遊ばせとくのはなあ。
大石が打つ開始ゴングのヘッポコな音にずっこける。気が緩んだので以下順不同雑感。
火野vs山縣。火野が「ババア」コールで観客を煽るが「ええっ・・・」そんな滅相もない。
山縣が旭にヘアホイップ。「死活問題だから」と止められる。旭の頭髪はまだ頑張ってる。
FUNAKI経由の留学選手ライアンは、コスが似てるせいか遠目だと円華に被って見える。
動きも良いし男前だが少し線が細いな。日本でちゃんこ食いまくってデカくなって欲しい。
「I can't speak Japanese」なライアンは旭に贈られたΩTシャツを喜んで着用
。 Ω入りかい。


【第2試合】 関根龍一 vs 牙騎鱗 シングル3番勝負各10分一本勝負(特別ルール)
※関根は1カウント、牙騎鱗は5カウントフォールで勝ちルール
〔1〕 ○関根龍一 vs ●PSYCHO (2分11秒 ウラカン・ラナ)
〔2〕 ●関根龍一 vs ○十嶋くにお (3分35秒 逆エビ固め)
〔3〕 ○関根龍一 vs ●柏大五郎 (5分58秒 龍蹴斗)
DSC08960.jpg 
本日開店の「関根ちゃんこ」にネチネチとイチャモンつける柏。要するにショバ代よこせと。
鉄平の許可は得てあると言い張る関根。マイクさんが出てきて1対3特別ルールに変更。
〔1〕丸め込みの応酬でおおっ。PSYCHO巧いよなあ。他に良いポジションがないものか。
〔2〕十島はこういう時だけイキイキ。PSYCHOが負けて十島が勝つのは納得いかんぞ。
〔3〕ちゃんこの売り上げが掛かってるからか粘る関根。ユルキャラだがヤルときはやる子。


【intermission】
大石リングアナの大会宣伝にずっこける。ソフトな語り口で至って丁寧且つ素敵な棒読み。
「明日は火野裕二自主興行第二弾、ファッキングパーティーセカンド、集まれこのボケどもが
・・・を開催します。皆様是非お越し下さい」・・・これが萌えというものか。ニヤニヤが止まらん。

旭がカード発表。火野vs関根は特別ルールによる3本勝負。火野はパワーボム3回出来ると。
バンビ様が「網タイツの使用目的が気になり夜も眠れない」との事で関根は網タイツを賭ける。
関根「ボクが勝ったらΩを下さい」ドンになりたい関根に旭がアッサリ「いいよ」相手火野だし。
DSC09131.jpg 
客席から希望者を募っての牙騎鱗によるヒップレスリング。参加賞は十島作バルーンアート。
ご注文に応えるのに手間取る良いひと十島「暫しご歓談下さい」あんたは宴会の司会者か。
 

【第3試合 】 14分50秒 スパイダークラッチ
真霜拳號、○梶ヤマト vs 滝澤大志、●ランディ拓也

DSC09164.jpg 
リングイン時に大石リングアナを不思議そうに凝視する真霜。 デコの傷が癒えたようで何より。
若手筆頭滝澤は真霜に力一杯逆水平連打。受けて立つ真霜。蹴りで終わらすのは残念。
ランディは真霜にスリーパーで肉薄。真霜超えを目指す若手達は熱い。梶はマイペースだな。
滝澤が梶の得意技を真似するが、距離近すぎ&モッサリと怖ろしくヘッポコで大笑いした。


【第4試合】 UWA世界ミドル級選手権試合
13分32秒 フィッシャーマンバスター(storm防衛)
○Quiet storm vs ●ヒロ・トウナイ
DSC09372.jpg 
メインのコールで漸く腹の底から声が出るようになった大石。どことなくカロリーナさん風。
この試合、ストームだと大味になるような気がしたが
、意外やじっくりした攻防が見られた。
トウナイは徹底してストームの右腕狙い。 渋いぞ。腕を押さえながらトウナイを捌くストーム。
最後に頼りになるのはやはり持ち前のパワー。小技に逃げず自分の色で勝ったのが良い。
ストームはいい奴なんだが、居たり居なかったりな点でチャンプとして感情移入しにくいな。
DSC09410.jpg 
雷斗が登場。トウナイの健闘を称え、改めてストームに挑戦表明。涙を堪えている・・・。
「体調も気力も落ちている今の自分では挑戦者として相応しくないかもしれないけれど、
もう一度熱い気持ちで闘いたい」普通の内容ながら、ひどく思いつめた様子が気になった。
愛と平和と正義のヒーローも疲れちゃうんだな。 深読みも何だけど・・・あまり無理するな。

【after】
ファン感ながらタイトルマッチありの全4試合と、通常興行と変わらぬサービスぶりに満足。
(Ω興行などがあるから企画としてファン感を特化させるのは難しいかもね)
「遊」の
部分を大石が請け負ってくれてたし。とはいえ本人至って真面目なんだが。
送り出しの時「照明の故障・不慣れなアナウンスをお詫び申し上げます」と最後まで誠実。
「やっと慣れてきました。・・・でも、もうありません」大石リングアナ、お疲れさま。
DSC09317.jpg 

スポンサーサイト

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。