上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フーテンプロモーション『BATIBATI37』 6月27日(日) 17:00~ ラゾーナ川崎プラザソル

【第1試合】 ○池田大輔 vs ●ホワイト森山 ※11分22秒 ケサ固め

DSC09796_20100629234535.jpg DSC09835.jpg DSC09856.jpg DSC09869_20100629234532.jpg 
森山は独身最後の試合にして婚約者も見に来ているとのことで、3割増しの頑張りよう。
池田の傷めている左腕に容赦ない攻撃。何としても勝つ気だったが、池田の老獪さに軍配。
写真撮っていて感じるのは(本人もの凄く嫌がるだろうが)池田は石川と雰囲気似てるなと。


【第2試合】 ○木村浩一郎 vs ●大久保一樹
※9分27秒  スタンディング式クロスヒールホールド

DSC09921.jpg DSC09951.jpg DSC00012_20100630005044.jpg DSC00030_20100630005044.jpg
初見の大久保は威勢が良いというか怖いもの知らずというか「キムラぁ~~!」と突っかかる。
木村が「ピキッ」と切れたような「いいんだねやっちゃって」みたいな。大久保やっちまったなと。
5分くらいで終わらせてもおかしくなかったが、木村がいたぶり遊んだ感が強く残ったなあと。


【第3試合】 小野武志、●関根龍一 vs ○バラモン・シュウ、バラモン・ケイ 
※12分52秒 テキサスブロンコバックブリーカー 
DSC00084.jpg DSC00116_20100630015640.jpg DSC00120_20100630015640.jpg DSC00139.jpg 
DSC00200.jpg DSC00230.jpg DSC00264_20100630015744.jpg DSC00296.jpg 
小野が出張れば済むことだが、この試合は関根のスキルアップがポイントだったような。
やられっぱなしで終わらず奮闘する関根。バラモンはとことん勝ちに執着する処が凄い。
しかしバラモンの水使いは段々凄いことに…。弥武リングアナを始め観客も満遍なく水浸し。 
 

【第4試合】 ●スルガマナブ vs ○橋誠
※11分27秒 TKO(ヘッドバット→レフェリーストップ) 

DSC00316_20100701230708.jpg DSC00354.jpg DSC00357.jpg DSC00373_20100701230706.jpg 
DSC00393.jpg DSC00399.jpg DSC00403.jpg DSC00412_20100701230755.jpg 
DSC00437.jpg DSC00445_20100701230850.jpg DSC00447_20100701230850.jpg DSC00455_20100701230849.jpg 
DSC00462_20100701230933.jpg DSC00465_20100701230932.jpg DSC00467_20100701230932.jpg DSC00468.jpg 
DSC00490.jpg DSC00494_20100701231057.jpg DSC00503_20100701231057.jpg DSC00507_20100701231057.jpg 
DSC00511_20100701231149.jpg DSC00518_20100701231149.jpg DSC00524_20100701231149.jpg DSC00531_20100701231149.jpg 
フーテンで水を得た魚のような橋を見てると、つくづく「適材適所」という言葉が当て嵌まる。
良い素材をみすみす腐らす団体から開放されて喜ばしい限り。お陰で橋嫌いから180°転換。
大好きなバチバチでゴツゴツした意地の張り合いが見られた。橋もマナブもバカ(褒め言葉)
「ゴッ!ゴッ!」何発も頭突きの応酬。決着付いた後も「ゴッ!」血が滲んでるよバカだなあ。 
 

【第5試合】 ●大場貴弘 vs ○真霜拳號 ※14分06秒 腕ひしぎ逆十字固め 
DSC00558_20100702014550.jpg DSC00570_20100702014550.jpg DSC00584.jpg DSC00605_20100702014549.jpg 
DSC00607.jpg DSC00615.jpg DSC00619_20100702014639.jpg DSC00626_20100702014639.jpg 
DSC00641.jpg DSC00651.jpg DSC00671.jpg DSC00689_20100702014953.jpg
DSC00708.jpg DSC00722_20100702015047.jpg DSC00730.jpg DSC00742_20100702015046.jpg
DSC00757.jpg DSC00760.jpg DSC00762.jpg DSC00769.jpg
DSC00777.jpg DSC00788_20100702015229.jpg DSC00792.jpg DSC00798.jpg
DSC00799.jpg DSC00805_20100702015309.jpg DSC00824_20100702015309.jpg DSC00827.jpg
DSC00841_20100702015418.jpg DSC00850_20100702015418.jpg DSC00857.jpg DSC00860_20100702015418.jpg
大場のヘンテコさはハマる。真霜の凛々しさもハマる。真逆っぽい個性は相容れるのか?
突然、大場が子供のケンカみたいに腕を無闇矢鱈振り回す「駄々っ子ハンマー(友人命名)」
当然当たらないのに、しつこく振り回してる内に当たったりして。しかもダメージ与えたりして。
大場が真霜を担いで回す。グルグル回す。「もういいよ」の声が飛んでも回し、崩れ落ちる。
目が回ってヨタヨタする大場と真霜にダウンカウント。おいおい。あわや両者KO。あっぶねー。
ヘンテコ極まる大場ワールドに爆笑しつつ、その実熱く激しい闘いが繰り広げられるという。
何だろね、この不思議な面白さは…。とにかく行って良かった。この試合が見られて幸せ~。


終了後、バラモンが大場を勧誘(続いてたのか)したり真霜と森山がホワイト家族結成したり、
「じゃがりこタイ~ム」だったり、ホワイト嫁(ゆかさん)交えて「やっちゃう!」ポーズで締めたり。
何とも最後まで賑やかで楽しい興行だった。真霜も強くてかっこよかったしね。満足満足♪
DSC00871_20100702015607.jpg DSC00886_20100702015607.jpg DSC00898.jpg DSC00916.jpg
DSC00920_20100702015605.jpg DSC00927.jpg DSC00930.jpg DSC00941_20100702015654.jpg
スポンサーサイト
6/12のホームタウンマッチで北斗社長から発表がありましたが、
ファンクラブ会員宛のお知らせが届いたので改めて紹介します。
natumaturi.jpg 

例年なら後楽園で開催ですが、今後はより一層地域密着型となって行きそうですね。 
チケットの会員優先予約は既に開始、
一般発売 は6/24(木)から。
良い席はお早めに。
※6/24追記 指定席は既に完売

健介オフィス祭り 8月29日(日)17:00~   
 
吉川市総合体育館  吉川市上笹塚1-58-1
  吉川駅北口から「メディカルマイ行き(グローバル交通)」乗車
  「市総合体育館」下車徒歩1分(バス所要時間16分、大人290円)




大きな地図で見る
2010
06
22

6.21 『FREEDOMS後楽園大会』雑感

FREEDOMS後楽園大会 6月21日 19:00~ 後楽園ホール

【第1試合】 FREEDOMS vs 小鹿軍団 キャプテンフォールイリミネーションマッチ
○《キャプテン》神威、リッキー・フジ、矢野啓太、円華、忍
vs バラモンシュウ、バラモンケイ、Ken45°、小笠原和彦、《キャプテン》●アブドーラ小林

DSC07837_20100625003235.jpg DSC07871_20100625003234.jpg DSC07921.jpg DSC08039_20100625003233.jpg
覆面リングアナ?と思ったら味方さんか。好きなんだけどK色が強くて何だか落ち着かない。
試合は有りそうでなかった不思議な顔ぶれ。ある意味豪華。ごった煮ながらサクサク進行。


【第2試合】高岩竜一、○竹田誠志 vs 藤田ミノル、●菅原拓也
※11分22秒 ジャーマンスープレックスホールド 

DSC08060_20100625005109.jpg DSC08121.jpg DSC08133.jpg DSC08139.jpg 
DSC08152.jpg DSC08156_20100625005202.jpg DSC08191.jpg DSC08234.jpg
DSC08238.jpg DSC08245_20100625005257.jpg DSC08249.jpg DSC08253.jpg
義兄弟タッグ見るの久しぶり。この2人こんなに似てたっけ?髪型のせいか雰囲気ソックリ。
ZERO1テイストに竹田を突っ込んだら竹田の受けっぷりが光った。竹田は何処でも使える。
でだ。地下プロレスで渋い高岩を見つけている自分には、地上の高岩は派手で苦手…だ。


【第3試合】マンモス佐々木復帰戦 ●マンモス佐々木 vs ○関本大介
※12分12秒 ぶっこ抜きジャーマンスープレックスホールド 

DSC08274.jpg DSC08286_20100625021154.jpg DSC08294.jpg DSC08323_20100625021153.jpg 
DSC08375.jpg DSC08381.jpg DSC08396.jpg DSC08426.jpg
DSC08464.jpg DSC08474.jpg DSC08480_20100625021409.jpg DSC08508_20100625021409.jpg
マンモスが東側花道から姿を見せるやいなや大声援。おかえり。よく帰ってきてくれました。
コーナーで中腰になり睨み合う関本とマンモス。ジリジリ感が凄い。ゴングと同時にダッシュ。
リング中央でぶつかり合い、あとは怒濤の肉弾戦。ケレン味なしの根比べ。スゲー復帰戦。


【第4試合】ハードコアマッチ ○葛西純 vs ●ネクロブッチャー
※15分55秒 パールハーバースプラッシュwithラダー 

DSC08529.jpg DSC08540_20100627013855.jpg DSC08550.jpg DSC08554.jpg 
DSC08572.jpg DSC08585_20100627013948.jpg DSC08633.jpg DSC08637_20100627013947.jpg 
DSC08669_20100627014041.jpg DSC08712_20100627014041.jpg DSC08752.jpg DSC08760.jpg 
う~ん、よくわからなかった。葛西のラダーからのダイブとか剃刀ボードとか盛り上がったけど。
強く印象に残ったのはネクロの独特な間と化け物じみたタフネスさ。 デスマッチの殉教者…。
葛西はメジャーを意識しすぎ。体張って凄いことしてるだけじゃダメなの?充分だと思うけど。


【第5試合】FREEDOMS vs 小鹿軍団 5対5シングル全面対抗戦 
DSC08773_20100627025422.jpg DSC08782_20100627025422.jpg DSC08789_20100627025422.jpg DSC08807_20100627025422.jpg  
 
《先鋒》●HIROKI vs ○マグニチュード岸和田 ※7分04秒 ラストライド

《次鋒》●ジ・ウインガー vs ○アントーニオ本多 ※3分41秒 首固め

《中堅》○TAJIRI vs ●怨霊 ※7分32秒 サムソンクラッチ 
DSC08976_20100627111356.jpg DSC08979.jpg DSC08986_20100627111355.jpg DSC09015.jpg 
DSC09018.jpg DSC09027_20100627111453.jpg DSC09030_20100627111453.jpg DSC09043_20100627111452.jpg
DSC09069.jpg DSC09089.jpg DSC09109.jpg DSC09120.jpg
私的ベストバウト。独自の世界を持つTAJIRIと怨霊が作り出す不思議な空間を堪能できた。
エクトプラズム(粉多め)、卒塔婆使っての攻防。カウント2で日韓の手を握り回避する怨霊。
日韓に抗議するTAJIRIに怨霊がパウダー攻撃。すかさずグリーンミストのお返し。おもしろ~い。

《副将》○佐々木貴 vs ●ザ・グレート・サスケ ※7分03秒 右足 
DSC09160.jpg DSC09174.jpg DSC09213.jpg DSC09235_20100627122255.jpg 
DSC09243_20100627122440.jpg DSC09250.jpg DSC09275_20100627122439.jpg DSC09294.jpg
2対1と追い込まれたFREEDOMS軍。副将戦でタイに持って行きたい処。気合いが入る殿。
心配なのはサスケワールドに飲み込まれないか。やはり試合に勝って勝負に負けた…かも。
正攻法で行くサスケに口煩く指示を出すバラモン。サスケ「やかましい!」当然もみ合いに。
無駄に美しい場外飛び(当然自爆)とか、無駄に長いラムジャムアピール(当然阻止)とか。
バラモン&KENのサポート(当然誤爆)とか、負けたサスケがフルボッコとか…おいしいなあ。

《大将》○GENTARO vs ●グレート小鹿 ※19分10秒 シャープシューター
DSC09302_20100628024616.jpg DSC09316.jpg DSC09356.jpg DSC09381_20100628024615.jpg
DSC09427.jpg DSC09449_20100628024716.jpg DSC09457_20100628024716.jpg DSC09479.jpg
DSC09481.jpg DSC09490_20100628024807.jpg DSC09524.jpg DSC09537.jpg
DSC09555_20100628024900.jpg DSC09609.jpg DSC09631.jpg DSC09637_20100628024859.jpg
DSC09658_20100628024947.jpg DSC09677.jpg DSC09686_20100628024947.jpg DSC09718.jpg
開始に先立ち、マイクを取り「時間無制限!完全決着!」とんでもない事を言い出す小鹿。
巧者GENTAROならホウキ相手でも試合は成り立つ。だが相手はホウキより厄介な爺さん。
GENTAROのプロレス頭が問われる。難問珍問をどう解くか。そして小鹿は生き残れるか。

逆水平を喰らった小鹿の痛がりよう。爺さん大丈夫か?心配を余所に流石ベテランは違う。
耐え方・反撃の仕方がジワジワくる味わい。爺さん撤回、心配なんかして正直スマンかった。
足4の字を裏返され思わずタップしたように見えたのは気のせい(バラモン「今のは無し!」)

小鹿軍団総出でサポートしたり、サスケが「正々堂々とやりなさい!」でフルボッコされたり。
うまい具合に場繋ぎしつつ、GENのスピニングトーホールド(回転ごとに力を入れるテリー式)
小鹿のアイアンクローと、後半の攻防は充分見応えあり。いや、コレ普通に面白い試合だわ。

激戦(?)を制したGENが小鹿を抱きしめ、そのままオンブして退場したもんだから困る殿。
「最初から最後までワケわかんなかったよ!でも、これがFREEDOMSです!」綺麗に締めた。

試合のひとつひとつが面白くて、まとまるとまた不思議な色あいで。これがFREEDOMSか。
幕の内弁当…否、おでん鍋みたい。誰もが存分に自分を出せて、誰もが主役になれる場だね。
地下プロレス『EXIT-40 CORE:M』 6月13日 18:00~ CORE STUDIUM 
※画像のみはコチラ→life-x.jp/lifex/service


【ウォーミングアップ】 あら?ロープが張られリングのような…。さり気なくリニューアル?
DSC01756.jpg  DSC01748.jpg DSC01751.jpg DSC01759.jpg

【第1試合】 ○三州ツバ吉 vs ●日龍 
EXIT-37で第2代・阿吽王者(三州が阿、日龍が吽)となった両者の対決。
勝者に阿の帯、敗者に吽の帯が授与される。という訳で、帯の入れ替わりは無し。
日龍ペースだったのに最後ヤラれちゃったなあ。逃げ切れずタップ。
地下ルールでは、ロープエスケープはヒジまで出なくてはダメ。

DSC01764_20100616014717.jpg DSC01769_20100616014717.jpg DSC01772.jpg DSC01774_20100616014716.jpg 
DSC01775.jpg DSC01776.jpg DSC01780_20100616014834.jpg DSC01781.jpg 
DSC01782.jpg DSC01784.jpg DSC01785.jpg DSC01790.jpg  
 

【第2試合】 小笠原和彦、富豪2夢路、○紅闘志也 vs 高岩竜一、●SEIKEN、入道
小笠原&夢路&紅が組むって、まるでラスボストリオじゃないのか?
ドラクエだと、ゾーマとデスピサロとミルドラースが束で掛かってくるような…。

試合があるのを「よくわかってなかった」小笠原先生、身支度しながら登場(笑)
そんな自由な小笠原先生の怒濤のラッシュ。凄すぎてゲラゲラ笑ってしまった。
しっかり装着できてなかったレガースを途中で外した時には血の気が引いたが…。

それにしてもラスボスを怒らすと怖い。SEIKENにムカッときた夢路「このクソガキャー!」
怒りの頭突きゴッ!間を置いて、もひとつゴッ!それはもう凄まじい音だった…。
紅も何か目の色変わってたし、ラスボストリオを崩せるヤツはいるのか?
DSC01794.jpg DSC01795.jpg DSC01800.jpg DSC01804.jpg
DSC01805.jpg DSC01813_20100617010710.jpg DSC01814.jpg DSC01817.jpg
DSC01820_20100617010758.jpg DSC01823_20100617010758.jpg DSC01824.jpg DSC01828_20100617010757.jpg
DSC01829.jpg DSC01833.jpg DSC01835.jpg DSC01840.jpg
DSC01847_20100617011043.jpg DSC01848.jpg DSC01850.jpg DSC01853.jpg
DSC01857.jpg DSC01861.jpg DSC01863_20100617011133.jpg DSC01866.jpg
DSC01873.jpg DSC01874_20100617011236.jpg DSC01878.jpg DSC01879_20100617011236.jpg
DSC01881.jpg DSC01883.jpg DSC01885.jpg DSC01886.jpg
DSC01887_20100617011419.jpg DSC01890.jpg DSC01891.jpg DSC01892.jpg


【DANCE/Ishtaria】 千手観音を思わせる美しい踊り♪
DSC01904.jpg DSC01905_20100617235440.jpg DSC01918_20100617235440.jpg DSC01920.jpg


【第3試合】 三州ツバ吉、○日龍 vs ナイトキング・ジュリー、●入道
地下で2試合は当たり前。第1試合で対戦した三州と日龍が今度はタッグでの防衛戦。
日龍は、さり気なく口鼻を塞ぎ入道のスタミナ奪う。………ヤなお坊さんだな(笑)
ジュリーの必殺ベアハッグが出た時は「あわや!」ながらも凌いだ三州。
日龍に繋ぎ、絞められた入道落ち気味で堪らずタップ。防衛成功!
これで勝者・日龍に阿の帯、パートナーの三州に吽の帯が渡る。
悔しそうな入道が印象的。試合後、リングに詰め寄った元・阿吽王者の光一も憤怒の表情。
DSC01924.jpg DSC01928.jpg DSC01931.jpg DSC01935.jpg
DSC01941.jpg DSC01945.jpg DSC01948.jpg DSC01950.jpg
DSC01957.jpg DSC01961_20100617233729.jpg DSC01967_20100617233728.jpg DSC01968.jpg
DSC01975.jpg DSC01979.jpg DSC01981_20100617233829.jpg DSC01985.jpg
DSC01989.jpg DSC01994.jpg DSC01998.jpg DSC01999.jpg


【終了後】
①阿吽王者と美女たちの喜びのポーズ
②希望者はIshtariaと記念撮影(私が入るとお目汚しな為、お嬢さん達だけ撮影させて頂きました)
③晴れて阿の帯を巻き、風格を醸し出す日龍さん
④(三州さんに負けたのにメインで阿の帯を獲った日龍さんに)「ずるい!」とジュリーさん。
「いつか取り返してやるぅ~~~!」と意気込みを語って下さいました(笑)
DSC02005.jpg DSC02008.jpg DSC02009.jpg DSC02010.jpg

exit_20100618000915.jpg  会場で配布されたフライヤには今後の予定がズラリ。
nepal.jpg ん?ネパールフェスティバルって?地下プロレスが地上に進出!?
www.nepalfestival.jp/index_attraction.html
健介オフィス・ホームタウンマッチ 6月12日(土)14:00~ 健介オフィス道場
※画像のみはコチラ 
www2.life-x.jp/

DSC07239.jpg 6.20清水大会で復帰が決まった勝彦が喜びの報告。


【第1試合】 ●西川潤 vs ○南野タケシ ※6分39秒 スリーパーホールド
前回までエキシビジョンだった西川。デビューした後、道場マッチに晴れて正式登場。
気合い充分で南野に先制を仕掛けるも返り討ち。限られた技の中で感情が出せるかが肝心。
反撃のチャンスを南野のセコンド卍丸に潰された時のムッとした表情に「おおっ、良いぞ!」
西川の負けん気の強さを引き出した南野もグッジョブ。短い試合時間ながらも見応えあった。
しかし、西川23歳。南野24歳。キャリアの差は歴然だが、それにも増して南野の老け顔は…。
DSC07255.jpg DSC07264_20100619021132.jpg DSC07276.jpg DSC07279.jpg 
DSC07282_20100619021256.jpg DSC07287_20100619021256.jpg DSC07288.jpg DSC07302.jpg
DSC07324.jpg DSC07338_20100619021341.jpg DSC07340_20100619021341.jpg DSC07343_20100619021340.jpg
DSC07345.jpg DSC07351.jpg DSC07357.jpg DSC07364.jpg
 

【第2試合】 ●なまずマン、なまずマン vs ○吉江豊、CHANGO
※10分56秒 ボディプレス(2匹まとめて)

吉江にビビリまくり逃げ惑ういつものなまず+長髪なまず(初見?)CHANGOには強気。
吉江の強烈なボディスラムを喰らうわ踏みにじられるわで散々な目にあうなまず。
最後はなまず2匹を重ねた上にCHANGOをおんぶした吉江がドン!なまず受難の日。 
DSC07387_20100619031044.jpg DSC07414.jpg DSC07433.jpg DSC07449_20100619031042.jpg
DSC07589.jpg DSC07595.jpg DSC07610.jpg DSC07615_20100619031133.jpg


【第3試合】
起田高志、○宮原健斗、梶原慧 vs ベアー福田、豪、●正岡大介 
※19分12秒  ジャーマンスープレックスホールド

ヤングボルケーノトリオ頑張る。攻撃をすかされても手数で勝負した梶原が特に良かった。
健斗の美しいジャーマンも久しぶり!僅かでも変化が見られれば、毎月足を運ぶ甲斐がある。

DSC07632.jpg DSC07651_20100619033534.jpg DSC07665.jpg DSC07676_20100619033533.jpg
DSC07686.jpg DSC07764_20100619033629.jpg DSC07774.jpg DSC07810_20100619033629.jpg
2010
06
02

TAKAみちのく会見inCLIMAX

【TAKAみちのく公開記者会見】 6月1日(火)20:00~ CLIMAX

※追記※
ご本人がブログで語られていますので詳しくはそちらをご覧下さい
想い 1 」 「想い 2 」 「想い 3


膝の状態について
○半月板損傷で膝の手術に踏み切ったが応急処置的なもの
○術後10日で歩ける筈だが現在も歩行困難な状態(松葉杖)
○医師からは引退を勧められているが引退はしない
○今後は試合数を減らす方向
○試合するのが年に1回となっても現役を続けていく
○STRONGEST-Kリーグには参戦したい

世界ジュニアのベルトについて
○カズ・ハヤシが自分の持つ防衛記録と並んだことに刺激を受けた
○全日内で挑戦者が一巡したことでカズへ挑戦するのは自分の番
○全日本プロレスの次期シリーズに参戦(試合スケジュールは全日優先)
○以前の全日参戦時に膝の手術後10日ほどで復帰したことが現在の状況を招いた
○タイトルマッチに辿り着くまで膝が保つかわからないが挑戦の決意はした
○自分にとってカズ・ハヤシは特別な選手
○最強のチャンピオンに最弱の挑戦者が臨むことになるがベルトはもらう

みちのく参戦について
○実質復帰戦となるが今回ばかりは不安はある
○全ては一周忌を迎えるテッドさんのために
○FUNAKIと組むことに意義がある
○テッドさんとFUNAKIと自分の3人で築き上げたタッグだから

DSC01708_20100601230856.jpg DSC01711_20100601230856.jpg DSC01717_20100601230856.jpg DSC01720.jpg DSC01724.jpg


【オマケ】 オリジナルカクテル「みちのくドライバー2(テキーラベース!)」を作るTAKA代表
DSC01725.jpg

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。