上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グレート小鹿トークショー『グレート小鹿激白!~俺の体を通り過ぎたレジェンドたち』
4月24日(月) 19:00~ 阿佐ヶ谷LoftA ※趣旨等は
 
須山氏のブログ をご覧下さい

DSC01639.jpg 

◆司会は須山さん。アシスタントはバンビさん(主に映像担当)
アシスタントのアシスタント(?)に大石真翔さん(小鹿CD販売担当)
須山氏より「或る1点を除けばトークショーの内容を口外しても構いません」
ブログやTwitterで速報でも実況で何でもOKとのことだったが…。
DSC01640.jpg 

◆軍艦マーチが流れ小鹿さん登場。ラッシャー木村さんの訃報に触れ、追悼の意を…。
小鹿さんがアメリカ遠征中、小鹿さんの元を単身訪れたラッシャーさんの思い出など披露。
この話題の時に須山さんがさり気なく帽子を脱いでいたのが印象的。
DSC01649.jpg 

◆須山「ドリーとテリーのスピニングトーホールドの違いは?」
小鹿「ドリーは回転が早く返す隙を与えない。テリーは回転ごとにグッとチカラを入れる」
テーマである「レジェンドたちの技」はサワリ程度で、次第にシュートな発言が…。
何と言ったらいいか「レジェンドたちへの恩と怨」的な内容で…詳細レポは自粛する。
DSC01650_20100525002651.jpg 

◆最後は「小鹿バンザイ!」三唱で締め。須山さんの思惑と少々外れたけれど面白かった!
何より小鹿さんが言われた「お金を払って見に来てくれたお客さんを楽しませるのがプロ」
プロレスラーとしてのプライドを前面に出しつつ、言葉のプロレスで楽しませていただけた。
小鹿さんくらい山ほどキャリアを積んできたレスラーなら、テーマで括らずフリートークにしたら
もっと興味深く貴重な話が聞けたのでは?…と感じたのであった。皆様お疲れさまでした。
DSC01670.jpg 
 
スポンサーサイト
2010
05
22

CLIMAX潜入レポ

※詳細はコチラ SPORTS&ENTERTAINMENT BAR 『CLIMAX』

稲毛海岸にオープンしたKAIENTAI DOJOプロデュースのお店にお邪魔してきました。
選手はBlueFieldで試合中なため、試合が終わりマリーンズ店長たちが駆け付けるまで
膝の手術後で欠場しているTAKA代表が1人店番でがんばっておられました。

揚げ物をオーダーしたところ「何故か(油の)温度が上がらないんですよ…」
ちょっと考えて、マリーンズ店長に電話で相談するTAKA代表。
「ブレーカーが下がってたみたいです!」問題解決でめでたしめでたし。
因みに、マリーンズマスクは試合直後でゼエゼエいってたらしい(笑)

晴れて登場した唐揚げは、お料理初心者(失礼)にしてはカリッと美味しく揚がってました。
常連さんからお裾分けの『ビッグブーツコロッケ(別名YOSHIYAコロッケ)』も特大で美味♪
あ、自分は下戸なのでお酒は全然わかりませんが、カクテル類が豊富なようです。

店内には試合映像が流れ、この時はTAKA代表が初挑戦した蛍光灯デスマッチの模様を、
ご本人の解説付きで観戦するという何とも贅沢で楽しいひとときを過ごさせて頂きました。
フレンドリーな代表曰く「お酒が飲めなくても、お1人様でも歓迎。宣伝大歓迎」だそうです。
定休日の月曜以外は、毎日何かしらのイベント開催とのこと。一度遊びに行かれてみては?

◆稲毛海岸駅北口から歩いてすぐ
DSC01636_20100522233433.jpg 

◆店内の様子(撮影許可済み)
DSC01630.jpg DSC01631.jpg DSC01632.jpg DSC01633.jpg

◆なぜ闘魂?前身のスポーツバーのオーナーさん(新日ファン)からの譲り受けだそうで
DSC01634_20100522233430.jpg 

◆ネタ画像にご協力いただきました
DSC01627.jpg 

◆まだ膝の具合は万全ではないようですが…くれぐれもお大事に
DSC01628_20100522234317.jpg 

◆「自然な感じでお願いします」とリクエストしたヤラセ画像(笑)
DSC01635.jpg
バトラーツ北千住大会『北千住の風になって vol.22』 
5月16日(日) 17:00~ 北千住・シアター1010稽古場1

DSC04871.jpg 初の北千住。会場は音響・照明ともに良。ラゾーナ川崎に似た雰囲気。


【第1試合】○佐々木恭介 vs ●成田吉駿 ※8分52秒 TKO(頭部へのキック)
遅刻しました…。


【第2試合】○竜司ウォルター vs ●竹嶋健史 ※3分51秒 腕ひしぎ十字固め
DSC04594_20100517234023.jpg DSC04612.jpg DSC04620_20100517234022.jpg DSC04629.jpg
噂に聞くだけで竜司ウォルターを見るのは初めてながらタダモノでない様子はヒシヒシ伝わる。
竹嶋は萎縮気味か殆ど何もさせて貰えず。終了後、竜司に頭をポンポンと…。竹嶋がんばれ。


【第3試合】スーパータイガー、●三州ツバ吉 vs ○タイガーシャーク、焙煎TAGAI
※16分31秒 シャーク・デス・バイ・ロック

DSC04654_20100518023212.jpg DSC04671.jpg DSC04691_20100518023212.jpg DSC04702.jpg 
DSC04710.jpg DSC04719.jpg DSC04745_20100518023306.jpg DSC04752_20100518023305.jpg 
DSC04778_20100518023530.jpg DSC04786.jpg DSC04802.jpg DSC04819.jpg 
同日開催のCOREでなくバトに来たのは、余所での三州が見たかったせいもあるんだが…。
声援を受けての奮闘にも関わらず阿吽王者が負けたのは残念、というより意外だったな。
でもって「西口プロレス?ふぅ~ん」な焙煎が意外にも「出来るひと」だと解った。目立つし。
それにしても虎同士が対峙すると心躍る。2人の向こうにタイガーマスクを見るせいだろうか?


【インフォメーションコーナー】
DSC04828.jpg 西口プロレス DSC04861.jpg HAPPY KOALA(school)


【第5試合】○石川雄規 vs ●山本裕次郎 ※8分46秒 足掛け式チキンウィング・アームロック
DSC04913_20100518032000.jpg DSC04919.jpg DSC04936_20100518031959.jpg DSC04946.jpg
DSC04953.jpg DSC04989.jpg DSC04997.jpg DSC05003_20100518032056.jpg
DSC05011.jpg DSC05013.jpg DSC05019.jpg DSC05033.jpg
山本は先月のカナプロで初めて見て、その時はさほど心に残るレスラーではなかったが…。
いやあ、良いわ山本。石川社長を相手に、勝つ気満々で濃厚な空間を作ってくれた。
後日知ったことだけど、なるほど山本にはこういうドラマチックな背景があったのか。


【第6試合】 澤 宗紀、●矢野啓太 vs ○稔、臼田勝美  ※18分59秒 裏アキレス腱固め
DSC05047_20100519091256.jpg DSC05069.jpg DSC05096.jpg DSC05104.jpg
DSC05110.jpg DSC05118.jpg DSC05123.jpg DSC05128_20100519091408.jpg
DSC05137_20100519091500.jpg DSC05146.jpg DSC05151.jpg DSC05163.jpg
DSC05173_20100519091623.jpg DSC05178.jpg DSC05186.jpg DSC05190_20100519091622.jpg
DSC05212.jpg DSC05256_20100519091713.jpg DSC05263_20100519091713.jpg DSC05269.jpg
DSC05274.jpg DSC05280_20100519091806.jpg DSC05282.jpg DSC05295_20100519091806.jpg
DSC05312.jpg DSC05323_20100519091917.jpg DSC05332_20100519091917.jpg DSC05342_20100519091917.jpg
DSC05349.jpg DSC05370.jpg DSC05381_20100519092003.jpg DSC05386_20100519092003.jpg
DSC05416.jpg DSC05426_20100519092051.jpg DSC05441.jpg DSC05456.jpg
DSC05465.jpg DSC05487_20100519092159.jpg DSC05504.jpg DSC05508.jpg
稔は8年ぶりの古巣参戦ということだが、登場からしてかっこいい。惹き込まれる存在感。
何とも新鮮に感じたのが、澤と矢野が稔と臼田の前では「後輩・若手」に見えること。 

そして新旧バト戦士達の闘いは?写真が語る。見応えある試合は選手の表情が良いのだ。
4人の感情がうねるように絡み合い、テンションが徐々に高まる様子に目が離せなかった。

どちらかといえばクールな矢野が、血の通った男くさいファイトを見せてくれたことは大収穫。
稔と臼田が老獪な連携を折り込み、矢野の膝から腿に掛けて集中攻撃。矢野に火が着いた?
何年見ても未だに難しいことは解らないけれど「負けたくない気持ち」が見える人が好きだ。

終盤、矢野が稔にゆりかもめ。カットに入ろうとした臼田を澤が捕らえてお卍固めでサポート。
これで決まるかと思いきや、稔が切り返して矢野がタップ。うん、おもしろかった!満足満足。
いつも期待通りに元気を与えてくれる澤。加えて他の3人からも元気を貰った。ありがとう~。
 
試合後、石川社長を呼び込む稔。なかなか現れない石川に「間の悪さは相変わらずですか」
石川「ギャラ数えてたんだよ!」和やかだ…。バトラーツという家族的繋がりが垣間見えた。

澤も矢野も多団体男。わざわざバトに行かなくても見られるし…なのは思い違いだったようだ。
ホームリングでの試合はまた格別。考えたら当然だ。次は9月、何を置いてもまた見に行こう。
健介オフィス・ホームタウンマッチ 5月8日(土)14:00~ 健介オフィス道場

 
【エキシビジョンマッチ】 宮原健斗 vs 西川潤
DSC03607.jpg DSC03635.jpg DSC03652_20100510010033.jpg DSC03663.jpg
DSC03665.jpg DSC03693.jpg DSC03731_20100510010138.jpg DSC03746.jpg
翌日に郡山でのデビュー戦(対ベアー福田)を控えた西川のエキシビジョンマッチ第2弾。
前回は巡業中不在だった師匠健介が見守る中開始。射るような視線が怖いのなんの…。
ロックアップから健斗が西川の首を1点集中。西川をロープに振りショルダータックル。
起き上がった西川の表情が良かった。感情むき出しでエルボー連打。いいねいいね。
ドロップキックはフォームがバラバラだけど、絞め上げられてもジタバタするしかないけれど、
負けたくない気持ちが観客に伝われば「がんばれ」って応援したくなる。西やん、がんばれ!


【第1試合】 ●なまずマン vs ○滝澤大志 ※8分16秒 タイガードライバー 
DSC03802.jpg DSC03878.jpg DSC03894.jpg DSC03966_20100510013849.jpg 
3日前にK-DOJOのタッグ王座についたばかりの滝澤はベルト持参。コーナー間違え照れる。
なまずは普段と違うなまず。う~ん、滝澤は終始ニヤニヤしてるし、何ともヒドイ試合だった。
ニコニコなら許せるがニヤニヤはイラッとくる。試合を盛り上げようとしてくれるのは有り難いが。
「ボク、お笑いもできます」なのは鼻につくんだよ。チャンプなら余計客に媚びちゃイケないよ。


【第2試合】 ●梶原慧、円華 vs ○南野タケシ、卍丸 ※10分17秒 デスバレーボム 
DSC04247.jpg 道場マッチでは南野と卍丸にもコール時に拍手が起きて面白いね。


【第3試合】 ○起田高志、宮原健斗、なまずマン vs ●ベアー福田、豪、CHANGO
※13分57秒 スピアー
DSC04286.jpg DSC04392.jpg DSC04460.jpg DSC04554.jpg
あ~、やっぱ「いつものなまず」はホッとするわあ。「ナ~マ!ナ~マ!」の煽りも定着したし。
何か段々このなまずじゃなきゃダメって気がしてきた。長いこと見てると愛着が湧くもんだなあ。

頑丈な福田だと起田も思いっきりぶつかれて迫力。因みに福田の払い腰がキレイで好きだ。
起田が福田からフォール奪ったのは意外だけれど、健斗のナイスアシストでタッグの勝利だな。
ガッツワールドプロレスリング『ガッツワールド Vol.41』
5月2日(日)12:00~ 横浜・赤レンガ倉庫

【第1試合】 円華、高尾蒼馬、●山田 太郎 vs 梁和平、角刈海坊主、○デビルインベーダー
※8分57秒 ブルーフープ

【第2試合】 ○植松寿絵 vs ●アップルみゆき ※8分15秒 ソラリーナ

【第3試合】 初代GWC認定シングル王座決定トーナメント 準決勝戦
●山本SAN vs ○ガッツ石島 ※4分11秒 十字固め

【第4試合】 初代GWC認定シングル王座決定トーナメント 準決勝戦
●タンク・ミステリー vs ○吉野達彦 ※8分37秒 トラースキック

【第5試合】 ○星野勘九郎、竹田誠志 vs  末吉利啓、●MIN∀MI
※11分18秒 ダイビングセントーン


【第6試合】 小笠原和彦、○松崎和彦、バンジー高田 vs 佐野直、戸田秀雄、●吉田充宏
※11分51秒 垂直落下式ブレーンバスター
 

DSC02556.jpg DSC02572_20100507025248.jpg DSC02585.jpg DSC02605.jpg 
DSC02608.jpg DSC02611.jpg DSC02620_20100507025417.jpg DSC02629.jpg 
DSC02632.jpg DSC02670.jpg DSC02689_20100507025513.jpg DSC02702_20100507025513.jpg 
DSC02713_20100507025720.jpg DSC02717.jpg DSC02728_20100507025719.jpg DSC02736.jpg 
DSC02753_20100507030418.jpg DSC02757_20100507030417.jpg DSC02789.jpg DSC02805.jpg 
DSC02812.jpg DSC02832_20100507030526.jpg DSC02846.jpg DSC02848.jpg 
DSC02855.jpg DSC02871_20100507030626.jpg DSC02876.jpg DSC02878.jpg 
DSC02881_20100507030712.jpg DSC02893_20100507030712.jpg DSC02899.jpg DSC02904_20100507030712.jpg 

これがお目当て。小笠原先生と戸田の遭遇に注目。とはいえ、佐野が入っている時点でアレ。
開始早々の先生vs戸田は短時間ながら濃い。もっと見ていたかったけれど、またの機会に期待。
間合いの取り合いから突きとパンチを交わし、戸田が先生をロープに押し込み離れ際にビシッ。
カッときた先生のラッシュ。場外に戸田を落とし、何故かセコンドの山本SANを蹴り倒す。
実況「先生!それはセコンドです!」 解説「先生は目に入る人が全部敵のようですね」

バンジーは、この日だけ高田和彦。やってる事はさほど変わらないが取り敢えず和彦さんチーム。
で、佐野は佐野で佐野ワールド全開。分かり易い大袈裟なバンプを先生が面白がっていたぶる。
やっぱ佐野だな。試合云々より佐野がみんな持ってった気がする。まあキライじゃないんだけどね。
*************************************************************************

【第7試合】 佐藤淳一レフェリー10周年記念試合
○リッキー・フジ、GENTARO vs ミスター岩之助、●ミスター巌之助withミスター雁之助
※13分25秒 9999

【第8試合】 初代GWC認定シングル王座決定トーナメント 決勝戦 
○ガッツ石島 vs ●吉野達彦
※10分00秒 腕決めノーザンライトスープレックスホールド



【終了後】 FREEDOMSの売店で、殿&葛西さんを撮らせていただきました。
DSC01598.jpg DSC01599.jpg

戸田さん&吉田さん、お疲れさまでした。しかし完全オリジナルTシャツ…凄いな…。 
DSC01601.jpg DSC01602.jpg
チェリー興行『ファンタジーイリュージョン3』  5月1日(土)18:00~ 新木場1stRING

新木場はマイデジカメと相性悪い上、よりファンタジックに照明暗かったため画質最悪ご容赦。
DSC09314.jpg DSC09320.jpg DSC09335_20100505115546.jpg 【オープニング】
ストリングスの王道『オリーブの首飾り』が流れ、若手によるシャボン玉演出のなか選手入場。
BGMに大受け&爆笑。脳内ではポール・モーリアと一緒に手拍子。う~ん、ファンタジー。


【第1ファンタジー】 田村和代、○りほ vs ●ランジェリー武藤娘、佐藤光留子
※8分47秒 そうまとう

DSC09387.jpg DSC09430.jpg DSC09452.jpg DSC09468.jpg 
DSC09482.jpg DSC09490.jpg DSC09500_20100505120957.jpg DSC09504_20100505120957.jpg 
DSC09510.jpg DSC09535_20100505121104.jpg DSC09536.jpg DSC09597_20100505121103.jpg 
DSC09610.jpg DSC09659.jpg DSC09674.jpg DSC09696.jpg
最大のお目当て武藤娘いきなり登場!充分に気持ち悪い(この人の場合、これが褒め言葉)
変態仲間の光留子と並べば怪しさ倍増。続いて登場の和代、女性客から「可愛い~!」の声。
りほを変態達の毒牙から守ろうとする優しいお姉さん和代。ニコニコ印も違和感なく可愛いぞ。
武藤娘のガラスの膝を始め爆笑の連続でもう何が何やら。しかし、りほちゃん大人になったな。


【第2ファンタジー】 闘牛・空、●三和ホルスタイン太 vs 大鷲透、○タノムサク鳥羽
※10分11秒 ミルクミストから横入り式エビ固め 
 DSC09722.jpg DSC09759_20100505115919.jpg 
何が悲しくて金出してまで醜い体や行き当たりばったりなグダグダを見なきゃイカンのか。
シャレの解らない堅物と言われようが全然構わん。私はこの試合を全力で拒否する。


【第3ファンタジー】 飯伏幸太、○真琴 vs アジャ・コング、●大家健
※11分28秒 アジャの裏拳誤爆から回転エビ固め
48438731_4103652859.jpg 48438731_2876304924.jpg 48438731_4235454095.jpg 48438731_4193428279.jpg
スターとかクリボーとか、スーパーマリオのネタが随所に散りばめられ懐かしさ的な笑い。
子供の遊びに大人が軽く付き合い、圧倒的存在感を見せたアジャしか記憶に残ってないが。


【第4ファンタジー】 ●高梨マサ子 vs ○植松寿江 ※15分44秒 ソラリーナ
DSC00392_20100505175655.jpg DSC00404_20100505175655.jpg DSC00420.jpg DSC00428.jpg 
DSC00446_20100505175901.jpg DSC00462_20100505175901.jpg DSC00477_20100505175901.jpg DSC00486_20100505175900.jpg
DSC00504_20100505180006.jpg DSC00516.jpg DSC00521_20100505180005.jpg DSC00532_20100505180004.jpg
DSC00555.jpg DSC00611.jpg DSC00628.jpg DSC00643_20100505180054.jpg
DSC00670_20100505180228.jpg DSC00717.jpg DSC00784.jpg DSC00791.jpg
DSC00805_20100505180320.jpg DSC00823.jpg DSC00841_20100505180320.jpg DSC00860_20100505180319.jpg
DSC00863.jpg DSC00883.jpg DSC00886_20100505180417.jpg DSC00900_20100505180416.jpg
正直、オープニングと1試合目で観戦目的を果たした感があったが、意外や意外の拾いもの。
見た目と裏腹にカッチリした組み立てで押すマサ子と植松が絶妙にスイングした試合だった。
展開と気持ちのぶつかり合いでファンタジーを感じさせる。当たり前のことが、ここでは新鮮。
目まぐるしい切り返しの応酬に「え?え?何?どうなっちゃうの?」最後までドキドキワクワク。


【ファイナルファンタジー】 ○チェリー、渋谷シュウ vs 石川ジャイ子、●シゲコ・デラックス
※14分11秒 ファンタジー・イリュージョン

DSC00999_20100505124810.jpg DSC01019.jpg DSC01075_20100505124809.jpg DSC01086_20100505124809.jpg
DSC01100.jpg DSC01133.jpg DSC01149.jpg DSC01158.jpg
DSC01200_20100505174138.jpg DSC01222.jpg DSC01252_20100505174138.jpg DSC01300.jpg
DSC01331.jpg DSC01345_20100505174241.jpg DSC01353.jpg DSC01368_20100505174240.jpg
DSC01370_20100505174338.jpg DSC01420_20100505174338.jpg DSC01444_20100505174337.jpg DSC01471.jpg
プリティなダンスで登場した笑撃もとい衝撃のシゲコ。ヌボ~ッと無防備な背中のジャイ子。
セクシーダイナマイツな2人だが攻撃はシビア。チェリーの勇気は凄い。渋谷は印象なし。


フィナーレ】 背中を真っ赤にしながらチェリーさんマイクで締め。ジャイ子…デカッ!
DSC01496.jpg DSC01559.jpg DSC01573.jpg DSC01587_20100505123756.jpg

【オマケ】 武藤娘の中の人・澤さんは当然として、竹嶋くんもやっぱバトの血を引いてるなと。
DSC01592_20100505123756.jpg DSC01596_20100505123755.jpg この写真で認識するのも何だけどね…。
華名自主興行『カナプロ』 4月29日(木・祝)12:00~ 新宿FACE

【第1試合】 華名、○栗原あゆみ vs 植松寿絵、●下野佐和子
※12分09秒 ミサイルキック

【第2試合】 佐藤光留、○臼田勝美 vs 真霜拳號、●山本裕次郎
※13分29秒 横三角絞め

【第3試合】 GENTARO、火野裕士、○飯伏幸太 vs Men’sテイオー、澤宗紀、●GAMI
※11分09秒 ドラゴン・スープレックスホールド

********************************************************************

 
【第4試合】 ○藤波辰彌 vs ●石川雄規 ※10分46秒 足四の字固め
DSC08533.jpg DSC08536.jpg DSC08555.jpg DSC08560.jpg
DSC08567_20100508005655.jpg DSC08571_20100508005655.jpg DSC08576_20100508005654.jpg DSC08580.jpg
DSC08608.jpg DSC08638_20100508005738.jpg DSC08641.jpg DSC08642.jpg
DSC08644_20100508005859.jpg DSC08647.jpg DSC08660.jpg DSC08663_20100508005858.jpg
DSC08664.jpg DSC08679.jpg DSC08680.jpg DSC08697.jpg
DSC08708_20100508010122.jpg DSC08718.jpg DSC08719_20100508010121.jpg DSC08723.jpg
藤波は無我で見て以来だから3年ぶり。しかしコンディションと肌ツヤの良さは怪物だよなあ。
脱いだジャケットを自らコーナーに置いたのには焦った。何と失礼な…。誰かセコンド付けよ。

さてゴッチの流れを汲む者同士の邂逅ということで、渋く、理に適った、攻防一体の展開。
誰かがこの試合を「伝統芸能」と評した。まさしく!洗練された動き。エレガントさすら感じた。
石川の動きに呼応する藤波。何やっても「おおっ!」ありがたい。所々休んでるんだけどね。
リング上で休んでいても許せる、間が持つ境地のレスラーって、今何人くらい居るんだろ…。
藤波には1人でも多くのレスラーに、彼独自の美しいプロレスを伝承して欲しいと強く願う。



【第5試合】 ○里村明衣子 vs ●華名 ※16分49秒 胴絞めスリーパーホールド
DSC08739.jpg DSC08756.jpg DSC08768.jpg DSC08779_20100508225528.jpg
DSC08786.jpg DSC08787.jpg DSC08814.jpg DSC08819.jpg
DSC08829.jpg DSC08832.jpg DSC08835.jpg DSC08843_20100508225756.jpg
DSC08859_20100508225839.jpg DSC08863_20100508225839.jpg DSC08884_20100508225838.jpg DSC08888_20100508225838.jpg
DSC08889_20100508225959.jpg DSC08932_20100508225958.jpg DSC08939_20100508225958.jpg DSC08943.jpg
DSC08952_20100508230156.jpg DSC08964.jpg DSC08972_20100508230155.jpg DSC08986_20100508230155.jpg
DSC09001.jpg DSC09010.jpg DSC09103_20100508230253.jpg DSC09150_20100508230252.jpg
DSC09158.jpg DSC09167.jpg DSC09199_20100508230342.jpg DSC09224.jpg
自主興行のメインってことでお祭りを冷やかす気分で観戦したが…いや、まいりました。
とてもとてもタフな試合だった。後々まで余韻を残す試合なんて久しく無かったなあ…。
1つだけ惜しいのは華名のコスチューム。ハッキリ言わせてもらえば、色もデザインも下品。
アスリートなら飾る必要はない。媚びや甘さを排除したコスが良い。見た目は凄く大事。

里村が華名へ 「気持ちは伝わりました。でも何故タップした!落ちる覚悟で闘え!」
何という男前だ里村は!試合でゾクゾクさせ魅了してくれた上にマイクで心鷲掴みときた。

第3試合で男子に混じったGAMIが「女子プロを舐めるな!」と叫んだことに疑問を抱いた。
女子プロを殆ど見ないのでわからないが、女子レスラーの意識とはそういうものなのか。
男子と女子を線引きする前に個ありきと思う。「私を舐めるな!」と言わねば響いてこない。
そんなモヤモヤした気持ちにメインが答えを出してくれた。闘う姿勢に性差はないのだと。

心にズーンと響く真っ向勝負を見せてくれた2人にありがとう。やっぱ、プロレスっていいなあ。

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。