上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
12
25

2009年観戦履歴

01.04 地下プロレス 『EXIT-6 POLICY』 BAR EXIT
01.11 KAIENTAI DOJO 『新年会プロレス』 千葉BlueField
01.12 大阪プロレス 『東京物<ストーリー>語」#13』 新宿FACE
01.18 健介オフィス 『ホームタウンマッチ』 吉川市健介オフィス道場
01.25 フーテン・プロモーション 『バチバチ24』 ラゾーナ川崎プラザソル
01.31 KAIENTAI DOJO 『CLUB-K SUPER kick』 千葉BlueField

02.01 息吹 『第27回 息吹』 新木場1stRING
02.11 健介オフィス『TakeTheDream vol.7~健国への夢、始動~』 後楽園ホール
02.14 健介オフィス 『ホームタウンマッチ』 吉川市健介オフィス道場
02.21 NEO 『INTER LOCK 09』 ラゾーナ川崎プラザソル

03.01 地下プロレス 『EXIT-7 KABUKI』 BAR EXIT
03.01 NOAH 『The Second Navig. '09 最終戦』 日本武道館
03.08 健介オフィス 『ホームタウンマッチ』 吉川市健介オフィス道場
03.20 ウルティモ・ドラゴンプロデュース 『Lucha Fiesta 2009』 Zepp Tokyo
03.29 健介オフィス 『ホームタウンマッチ』 吉川市健介オフィス道場

04.12 健介オフィス 『ホームタウンマッチ』 吉川市健介オフィス道場
04.12 KAIENTAI DOJO『CLUB-K SUPER evolution7 』 千葉ポートアリーナ(サブ)
04.24 健介オフィス 『Take The Chance vol.1』 新宿FACE
04.26 地下プロレス 『EXIT-12 JUNCTION』 BAR EXIT
04.29 ZERO1 『ZERO1 WRESTLER'S 2』 後楽園ホール

05.20 大阪プロレス 『10周年記念興行~天下統一2009』 後楽園ホール
05.24  I・W・A・JAPANプロレス 『IWA旗揚げ15周年記念大会』 新宿FACE
05.30 地下プロレス 『EXIT-13 ENERGY』 SHAKTI STUDIO

06.07 健介オフィス 『ホームタウンマッチ』 吉川市健介オフィス道場
06.09 KAIENTAI DOJO 『CLUB-K SUPER take』 後楽園ホール
06.14 地下プロレス 『EXIT-16 INFINITY』 BAR EXIT
06.27 KAIENTAI DOJO ファン感謝デー『ブルーフィールドへ行こう!』 千葉BlueField


07.05 地下プロレス 『EXIT-18 CORE:CO』 CORE STADIUM
07.06  健介オフィス 『Take The Chance vol.3』 新宿FACE
07.11 健介オフィス 『ホームタウンマッチ』 吉川市健介オフィス道場
07.12 夢名塾プロレス 『紅蓮』 BumB東京スポーツ文化館マルチスタジオ
07.26  武蔵野プロレス第三戦 『夢叶えます』 西調布格闘技アリーナ

08.02 健介オフィス 『Take The Dream vol10』 後楽園ホール
08.09 KAIENTAI DOJO『SUPER BIG SHOW 千葉発見伝!』千葉ポートアリーナ(サブ)
08.16 地下プロレス 『EXIT-20 CORONA』 BAR EXIT

09.05 ミスター雁之助プロデュース 『鬼神道 Returns』 新木場1stRING
09.06 地下プロレス『EXIT-21 CORE:E』 CORE STADIUM
09.12 プロレスリング・ノア『Exceeding Our Dreams'09』開幕戦 後楽園ホール
09.27 プロレスリング・ノア『GREAT VOYAGE 09 in TOKYO~
                  Mtsuharu Misawa, always in our hearts~』 日本武道館

10.11 地下プロレス 『EXIT-22 CORE:F』 CORE STADIUM
10.26 大日本プロレス 『後楽園大会』 後楽園ホール

11.01 健介オフィス 『ホームタウンマッチ』 吉川市健介オフィス道場
11.15 地下プロレス 『EXIT-24 CORE:G』 CORE STADIUM 
11.17  健介オフィス 『ホームタウンマッチ』 吉川市健介オフィス道場

12.12 武蔵野プロレス第6戦 『The Power of Unity』 西調布格闘技アリーナ
12.13 地下プロレス 『EXIT-25 CORE:H』 CORE STUDIUM
12.20 健介オフィス 『ホームタウンマッチ』 吉川市健介オフィス道場


以上、2009年の観戦履歴です。→合計47

スポンサーサイト
2009
12
21

白石くんのこと

健介オフィス道場生、白石健太郎(しろいしけんたろう)

体調不良によりドクターストップで8.2後楽園でのデビュー戦が流れ、
その後はデビューするという話を聞きませんでしたが、
昨日、健介オフィスの ホームタウンマッチとクリスマスパーティで発表がありました。
脳に出血と腫れがあり、プロレスラーへの道を断念したそうです。

今後は白いたいやき「尾長屋・健介吉川店」の店長(既に就任)として、
又、レフェリーを目指して精進するとのことです。

まだ未成年(18歳)なのに故郷に帰らず、健介オフィスに残っての再出発。
本来の夢とは違ってしまったけれど、1日も早くリングに立てるよう応援しています。
今までお疲れさまでした。白石君の今後に幸多かれ。

DSC09370.jpg DSC09327.jpg
onagaya_20091221223234.jpg 


大きな地図で見る

『健介オフィスXmasパーティー2009』
12月20日(日)17:00~ よしかわ天然温泉ゆあみ4F お食事処五ッ平太

◆特製クリスマスケーキと選手愛用品
DSC09333.jpg DSC09334.jpg DSC09335.jpg DSC09336.jpg

◆和やかなムードのなか選手入場
DSC09353.jpg DSC09355_20091224234101.jpg DSC09379.jpg DSC09381.jpg

◆乾杯とケーキ入刀 高志に手を握られ見つめられる健介「きもちわるいよ」
DSC09382.jpg DSC09392.jpg DSC09394.jpg DSC09401_20091224234427.jpg

◆爆笑カラオケタイム 菊タローがJPOPのリクエストに切れる
DSC09425_20091224234833.jpg DSC09434.jpg DSC09445.jpg DSC09447.jpg

◆選手愛用品ジャンケン争奪戦 北斗提供(健介涙目)ハワイアンジュエリーに人気集中
DSC09457.jpg DSC09471.jpg DSC09485.jpg DSC09487.jpg

◆選手&参加者記念撮影と挨拶と「ドッカーン!」で終了(2枚目は健介&北斗ブログの舞台裏)
DSC09498.jpg DSC09500_20091224235331.jpg DSC09515_20091224235331.jpg DSC09543.jpg 

毎年恒例となった健介オフィスXmasパーティー。今年も楽しさ盛り沢山であっという間でした

健介オフィス・ホームタウンマッチ  12月20日(日) 13:00~ 健介オフィス道場

年内最後のホームタウンマッチ。午前と午後の2部制のうち、午後の部を観戦。
午前の部の様子は『けんちゃんのひとりごと』で。午後の部も美麗写真満載です!

【第1試合】 ※9分46秒 パワーボム
●なまずマン、なまずマン、なまずマン vs ベアー福田、○豪、CHANGO

DSC07323.jpg DSC07333_20091223223831.jpg DSC07354_20091223223831.jpg DSC07356.jpg 
DSC07366.jpg DSC07375_20091223223830.jpg DSC07379.jpg DSC07412_20091223223853.jpg 
終了後に会場外で居る筈のない選手を見た…なるほど…。で、いつものなまずは欠場中だ。
CHANGO「午前に俺とやって疲れてるヤツ出ろ」3匹は背格好が似てるため「わっからない」
川畑レフェリーいじりはお約束。福田となまずのタックル合戦。「来いやあ!」なまずが喋った。
なまずの中の人も外の人も常連の人も…今年1年、健介オフィスを支えてくれてありがとう。

【第2試合】 ●菊タロー vs ○吉江豊 10分27秒 ※ボディスラムを返しての体固め
DSC07447.jpg DSC07498_20091224011434.jpg DSC07503.jpg DSC07577.jpg
DSC07599.jpg DSC07611.jpg DSC07698.jpg DSC07711_20091224011502.jpg
午前の部で健介と激しいぶつかり合いを少しだけ見せたらしい吉江。午後は楽しいプロレス。
アキバプロレスを営業しつつ現れた菊タロー。リアクションが一々見事。お客さんニコニコだ。
吉江が楽しそうにいじられながらも重厚。コスを脱ぎ気合い入れ吉江を投げにかかる菊タロー。
持ち上げた!…ドーン。そのままの体勢で押しつぶされる菊タローであった。いやあ笑った。

【第3試合】 ※20分23秒 ノーザンライトボム
○佐々木健介、宮原健斗 vs ●大原はじめ、滝澤大志

DSC07768.jpg DSC07839_20091224204320.jpg DSC07862.jpg DSC07891.jpg 
DSC07897.jpg DSC07910.jpg DSC07933.jpg DSC07955.jpg
DSC07968_20091224204516.jpg DSC07973_20091224204516.jpg DSC07981.jpg DSC08009.jpg
DSC08042.jpg DSC08079.jpg DSC08108.jpg DSC08128.jpg
DSC08140_20091224204736.jpg DSC08159_20091224204735.jpg DSC08206_20091224204921.jpg DSC08235_20091224204921.jpg
DSC08251.jpg DSC08270.jpg DSC08282.jpg DSC08297.jpg
DSC08327_20091224205120.jpg DSC08370.jpg DSC08390.jpg DSC08391_20091224205119.jpg
DSC08410.jpg DSC08416_20091224205119.jpg DSC08420.jpg DSC08425.jpg
DSC08438_20091224205306.jpg DSC08443.jpg DSC08451_20091224205305.jpg DSC08466.jpg
DSC08472.jpg DSC08479.jpg DSC08484_20091224205425.jpg DSC08512.jpg
大原は健斗には強気。華麗なグラウンド。健斗が健介にタッチ。大原すかさず滝澤にタッチ。
スカされた健介ニヤリ。滝澤とチカラの入った攻防。滝澤と代わった大原、少しやって「無理!」
滝澤が健介番。逆水平で意地の張り合い。健斗が途中捕まるも奮闘。鎌固めは決まらず。
後半は健介祭り。トップロープから降ってきた大原をダイレクトキャッチ、そのままブン投げる。
健介の必殺フルコース(ストラングルホールドは無し)を喰らった大原が花と散るのであった。

大原良いなあ…。前より垢抜けたし。今の雰囲気はTAJIRIとYASSHIを足して2で割った感じ。
いたずら小猿かと思えば、カットに入った健介に「手出すんじゃねえ!」と負けん気も充分。
何より受けっぷりの良さ。健介のパワースラムはタイミングドンピシャ、感動的ですらあった。

で、ものすご~く久しぶりに健介画像特集だ。その訳は「怖くて強い健介」が見られたから。
攻撃パターンが変わり最近見られなかったフェイスクラッシャーを久々に出してたのも嬉しい。
この1年、健介に思う処は多々あったけれど、年内最後の観戦で「かっこいい!」と感じた。
何だかんだ言っても健介から離れられないのかもしれない。…こんな素敵を見せられちゃね。


【勝彦セコンド姿】
DSC07296.jpg DSC07308_20091224204109.jpg DSC07420.jpg DSC07762.jpg
足首の怪我で欠場中の勝彦はセコンドで奔走。同じく負傷欠場中の高志は会場外で物販係。
若手が増えたことで勝彦のセコンド姿を見る機会がなくなった今日この頃だが、
細やかな目配り、邪魔にならない身のこなし、健介のリングイン場所とタイミングの計り方等々、
マンツーマンで叩き込まれた子の働きぶりはやはり一味も二味も違うと感心したのであった。

地下プロレス『EXIT-25 CORE:H』 12月13日(日)18:00~新宿CORE STADIUM

事前に「混沌としたものになるかもしれない」との情報を漏れ聞いていたが…さてさて? 
 【ウォーミングアップ】  DSC08900.jpg DSC08909.jpg
【ヌンチャク演武】 宏樹・杏奈 DSC08925.jpg 

【第1試合】 ○日龍 vs ●三州ツバ吉 ※8分55秒 変形肩固め
DSC08932_20091219234126.jpg DSC08939.jpg DSC08941.jpg DSC08952.jpg
DSC08957.jpg DSC08970.jpg DSC08972.jpg DSC08975.jpg
DSC08976.jpg DSC08981.jpg DSC08986.jpg DSC08988.jpg
前回、後方での観戦でグラウンドが見えなかったため、今回は至近距離でじっくりと堪能。
三州はいまひとつ決め手に欠けるが欲が出たのか積極的。それに何だかビルドアップしてるし。
三州の打撃を嫌う日龍。表情が素人目には打たれ弱く見えてしまうのが少々残念だ(失礼)
最後までどちらが勝つか読めなかった。読むってもんじゃないけど、先が見えない方が面白い。
 
【伝統緊縛】 春兜京・謎の美女 DSC08992.jpg 
鞭が…(画像自粛)フェイクで床を叩いたとき女性が小刻みに震えたのは恐怖か期待か…。
こってりとしたエロスの世界。でも素人が興味本位で見て良いのはココまでだろうなあ。

【第2試合】○ナイトキング・ジュリー、マッド光一 vs ●富豪2夢路、入道 ※15分03秒 背骨折り
DSC09013.jpg DSC09019_20091220022426.jpg DSC09026.jpg DSC09027.jpg
DSC09029.jpg DSC09041.jpg DSC09042.jpg DSC09047.jpg
DSC09053.jpg DSC09057_20091220022516.jpg DSC09058_20091220022516.jpg DSC09062.jpg
DSC09066.jpg DSC09071.jpg DSC09074.jpg DSC09083.jpg
DSC09100.jpg DSC09111.jpg DSC09123.jpg DSC09128.jpg
何と言ってもジュリーのベアハッグに尽きる。今時ベアハッグで決まるとは目が覚める思いだ。
腰を負傷していたとはいえ夢路をギブアップさせる威力。凄いなあ、ジュリーもかなりの進化。
入道は踏み付けやセントーンと、体重を活かす攻撃が良かった。表情に力強さが出てきたし。
光一が何となくおとなしめだったのは残念だけれど、その分ジュリーが光ったので満足満足。
だがジュリーは金星と引替えに夢路の頭突きでダメージ大
。試合後ず~っと横たわることに…。

ベリーダンス】 Ishtaria
DSC09130.jpg DSC09133.jpg DSC09135.jpg DSC09138.jpg
DSC09146.jpg DSC09147.jpg DSC09148.jpg DSC09307.jpg
前回お会いした時ノンさんに「COREでも踊ってくださいね」とお願いしたのが早速実現して嬉しい。
終了後に小笠原先生とノンさんを撮らせて頂いた。このツーショットはヒジョーにレアではないかと。

【第3試合】 時間無制限3本勝負
日龍、矢野啓太(2-1)紅闘志也、三州ツバ吉
① ○日龍 vs ●三州ツバ吉 ※6分23秒 変形ヒザ十字固め
② ○三州ツバ吉 vs ●日龍 ※8分21秒 スタンディングアームバー
③ ○日龍 vs 三州ツバ吉 ※4分00秒 
変形ドラゴンスリーパー
DSC09150_20091220040935.jpg DSC09153_20091220040935.jpg DSC09175.jpg DSC09184_20091220040935.jpg 
DSC09187.jpg DSC09189.jpg DSC09193.jpg DSC09197.jpg
DSC09202.jpg DSC09207.jpg DSC09212_20091220041227.jpg DSC09215.jpg
DSC09217_20091220041507.jpg DSC09225.jpg DSC09228.jpg DSC09229.jpg
DSC09230.jpg DSC09237.jpg DSC09239_20091220041749.jpg DSC09243_20091220041749.jpg 
DSC09251_20091220041748.jpg DSC09258.jpg DSC09270.jpg DSC09271.jpg 
DSC09275.jpg DSC09278.jpg DSC09279.jpg DSC09281.jpg 
消去法でいけばメインは紅vs矢野だが、そうは行かない行かせないところが地下たる所以。
2度目の登場となる三州と日龍。コールされた日龍は「え?」みたいなポカンとした顔。
それにしても3本勝負形式は2本目で集中力が途切れてしまう。あまり自分向けでないらしい。
で、画像も区切りより流れを重視してひとつにまとめた。痛がってる顔ばかりでスマンね三州。
地下のツワモノ達は誰と組んでも面白くタッグとして機能する。全員が主役になれるチャンス。
今回は日龍がとった。「勝つと嬉しいですね」喜びが糧となり、より貪欲になる課程を楽しみたい。

【ミニライブ】 ハヤブサ
DSC09288_20091219224920.jpg DSC09291.jpg DSC09292.jpg DSC09302_20091219224919.jpg 
【終了後】
DSC09305.jpg 連勝街道爆走中の日龍さんの自信に満ちあふれたお顔。
DSC09306.jpg 紅さんにカメラを向けたら「今日はヒモ切れてません!」と…(11.15参照)
【特別ゲスト】
DSC09272.jpg 棚に置かれたマス大山と破壊王の写真。フランス人も味なマネをする。

試合の合間にバラエティー豊かなパフォーマンスを挟んでの実験的な形式だったが、
色んなものをぶち込んでもやはり地下は地下。不思議と調和のとれたCOREであった。

武蔵野プロレス第6戦『The Power of Unity』
12月12日(土)18:30~ 西調布格闘技アリーナ

開始に先立ってのカード発表は無く、テーマ曲が流れ選手入場で初めて知るという仕掛け。

【第0試合】 ◯覆面太郎、ケンジ vs 吉田充弘●石田光 ※6分19秒 ラリアット 
DSC06009.jpg DSC06046.jpg DSC06059.jpg DSC06073_20091216234120.jpg 
ケンジと石田は初めて見るけど、2人とも良い体格だ。吉田はターザン後藤一派にいた選手か?
最後は太郎が石田の髪を掴んでグワシとラリアット。第0だけど意外にカッチリした試合(失礼)


【第1試合】 ジャックと豆の樹暫定王者決定トーナメント1回戦 
◯326 vs ●魔餓鬼 ※ 7分59秒 双刀脚
DSC06107.jpg DSC06118_20091217230646.jpg DSC06159.jpg DSC06172.jpg 
魔餓鬼は、ちょっとマリリン・マンソンを連想するルックスで終始フテ腐れた態度。 悪く頑張る。
若手のトーナメントという事だが、頭髪関係を含め326が「若手に見えない」と抗議する魔餓鬼。
326と書いてミツルと読む、一部で噂の326を初めて見た…え~っと、もしかしてユルキャラ?
とても気の抜けたニールキックとか…。空手の人?うそ~ん。という訳で、箸休め的試合(失礼)

翌日偶然にもオフの326氏とお話した。優勝賞品は「ただの鉢植えなんですけどね(笑)」との事。
「でも、もし優勝したら天まで届くよう育てますよ」何となく326氏が愛される理由に納得した。
因みに前回の覇者、某スパークは枯らしたそうだ。どうりで最近見かけないわけだ。


【第3試合】 ◯富豪2夢路 vs ●入道 ※8分12秒 夢地獄
DSC06198.jpg DSC06204.jpg DSC06212.jpg DSC06270.jpg
DSC06294.jpg DSC06360.jpg DSC06416_20091218020311.jpg DSC06445.jpg
DSC06450.jpg DSC06455.jpg DSC06467.jpg DSC06507_20091218020310.jpg
夢路の入場は華やぐなあ。太郎レフェリーを誘ってのダンス。太郎さんの踊りはロボットみたいだ。
しかし武蔵野プロレスでEXITの師弟対決とは意表を突かれたが、個人的に新鮮でかなり嬉しい。
展開はロープに振らないプロレス。投げは2回(だったと思う)いつもの地下をほぼそのままで。
口を切った入道。師匠から授かったコスを毎回何かしら血で染め、その度に強くなって行くようだ。 
「ワ~!」と声を上げ遮二無二突進する入道は格好もへったくれも無いが、折れない心は育っている。
勝負が決まってからも互いにしつこく張り手を繰り出し熱き抱擁。ふたりともバカだなあ(褒め言葉)


【第3試合】 ◯GENTARO vs ●プリンスエイト  ※22分18秒 バックドロップホールド
DSC06534.jpg DSC06562.jpg DSC06607_20091218031920.jpg DSC06615.jpg 
DSC06635.jpg DSC06652_20091218031920.jpg DSC06761.jpg DSC06904.jpg 
DSC06945_20091218032006.jpg DSC06968_20091218032006.jpg DSC07007.jpg DSC07024_20091218032006.jpg 
ベテラン対若手。開始早々はGENTAROに臆しているように見えたプリンスエイトだが思いのほか粘る。
GENTAROを相手にして随分と受けっぷりが良いと思ったら、それもそのはず中の人は清水基嗣だった。
斉藤代表に「自分には荷が重いです」とプリンスエイトのマスクを返上。今後は素顔での参戦になりそうだ。
でも大事なキャラを突っ返され斉藤さんはある意味舐められた訳だから、清水と握手しちゃイカンでしょう。 


【第4試合】 ◯茂木正淑、ジ・ウィンガー vs ●加藤茂郎、ジャングルバード
※15分25秒 ちゃぶ台へのブレーンバスター
 
DSC07117.jpg DSC07135.jpg DSC07142.jpg DSC07164_20091218040234.jpg
DSC07178.jpg DSC07190.jpg DSC07229.jpg DSC07264.jpg 
初めて見たけど茂木いいなあ。愉快で強くて懐かしい昭和の香りがする。オヤヂコレクションに加えよう。
茂木が助っ人となり武蔵野で続く正規軍と悪魂の抗争なんだが、加藤が捕まりやり込められる時間長し。
トレードマークらしいミニちゃぶ台を駆使し好き放題暴れる茂木…って、どっちがヒールなんだかわからんな。
バードは手出しも少なく、茂木とウインガーの連携が冴え加藤撃沈。ポツンと残される加藤…あらら孤立か。


【第5試合】  ◯戸田秀雄、ディアブロ vs リッキー・フジ、●川嵜風馬
※14分19秒 えぼし岩クラッシュ

DSC08763.jpg DSC08780.jpg DSC08783.jpg DSC08791.jpg
DSC08797.jpg DSC08802.jpg DSC08810.jpg DSC08822.jpg
DSC08828.jpg DSC08837.jpg DSC08843.jpg DSC08854_20091215024316.jpg 
DSC08857_20091215024655.jpg DSC08859_20091215024655.jpg DSC08862.jpg DSC08863.jpg 
DSC08864_20091215024654.jpg DSC08875.jpg DSC08878.jpg DSC08883.jpg 
前の対戦でディアブロに不覚にも負けを喫したリッキー「ディアブロ出てこい!」で開始。
戸田と川嵜、場外に雪崩れ込み乱闘。リングに戻り悪魂のセコンド介入でリッキー排除。
戸田にいたぶられる川嵜。客席にいた夢路が我慢ならず抗議する場面も。殺伐とした雰囲気。
ディアブロが振り回した椅子がレフェリーにヒットし、うずくまる(ここで反則負けになるかと思った)
リッキーが盛り返し川嵜が奮闘し、1度はえぼし岩クラッシュを逃れたものの2度目に沈む。
荒っぽく何処か懐かしくテンポ良くて面白かった。…あら、セミで不甲斐ない試合をした加藤が。
戸田「強いってのはこういうことなんだよ!」返す言葉もなく去る加藤。悪魂に内紛勃発か?

大晦日の『夢の架け橋』で正規軍vs悪魂が決定。
http://miruhon.net/news/2009/12/gentaro1231.html

<第2試合 リッキーフジJAPAN TOUR提供試合> ぶらり寄り道、武蔵野プロレス
リッキーフジ、ジ・ウインガー、覆面太郎 vs 加藤茂郎、戸田秀雄、ジャングル・バード
悪魂のメンバーには加藤の名前も…リーダーの座はどうなる?そして正規軍の焦点はウインガー。
ウインガー「何かと忙しいんだよ!」太郎が電卓を叩き金額を提示すると「やってやろうじゃねえか!!」
思いっきり金に転んだウインガーであった。


終了後に撮らせて頂きました】 
入道くん/リッキーさん/戸田さん&ジャングルバードさん/プリッとした戸田さんのお尻
DSC08889.jpg DSC08890.jpg  DSC08891.jpg DSC08894.jpg 

2009
12
08

I still love you…Jamal

ジャマールにいつかまた会える日が来ると、人なつっこい笑顔が見られると。
………何を書いても空しい言葉に過ぎません。

せめて写真をと思いアルバムを探しましたが、
プロレス見始めの頃でカメラを持っておらず、携帯で撮ったものが1枚きりでした。 

ずっとアナタのこと覚えているから。ずっとずっと忘れないから…。
Thank you Jamal.  I'll always love you.

DVC60005.jpg DVC60055.jpg

「R!O!D!ブイヤァー!!」


ジャマール(本名 エディ・ファトゥ) プロレスラー 2009年12月4日永眠 享年36歳

全記事表示リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。